舌の上で甘く溶けゆくあんこ・・・いり江@門前仲町の極上あんみつ

   

門前仲町に用事があってぶらついていて、雰囲気の良い甘味処の前を通り過ぎたところ「ここは間違いないよ!」「入っておかないと後悔するよ!」と胃袋の神様が言うので戻った櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

戻ってよかった、入ってよかった、と、胃袋の神様に感謝しております。

久しぶりに、極上のあんこを頂きました。

 

通り過ぎたものの、戻って、外に出ているお品書きを見る。

あんみつ美味しそうだな・・・でも、お食事もある。ランチ食べてないし、これはいい。

ちなみに、ごまきしめんが人気らしい。

 

店内のメニューには、さらにたくさんあって、これは迷いますよ。。。

 

引き戸を開けると、落ち着いた昭和な世界が広がります。

 

店内は奥に広くなっていて、8卓くらいあったかな。

心に決めていた、クリームあんみつを←この日のランチ

みつは黒と白が選べます。もちろん黒でしょ←なぜ?

 

あんこがちょーーーーーーー好み!

まずは舌触り。よく練られた(8時間だそう!)こしあんは、なめらかに舌の上で溶け、舌が歓喜します。

かなり甘くて、好きー!寒天を美味しくいただくには、甘くないと困りますから!

さらに黒みつをたっぷりかけて、溶けてきたバニラアイスクリームと一緒に頂きます。

幸せー♪

「甘味処いり江は昭和初期から蒟蒻・寒天の製造を営んでいましたが、昭和45年に甘味処を開店。」

というだけあり、「水を固めただけです」感のある安い寒天とは、全然全く、比べてすみません別物です、本物ですって感じで、違うんです。

よく言い表せません。食べて下さい。

当店で人気No.1のあんみつの寒天は、神津島産と大島産の天草を7対3の割合で合わせ差し水をしながら1時間程煮込み、一晩冷まします。喉越しの良さの中にプリプリッとした弾力があるのに、舌でほろりとくずれ、ほのかに磯の香りがします。

オフィシャルサイト:こだわりとメニューより

寒天を見直しますよ。

さらに、求肥は優しく柔らかく、懐かしいフルーツシロップ漬けと、ほっくりお豆!お豆マニアにもおすすめですよ。

ほんと、久しぶりに本当に美味しいあんみつを頂きました。

最近、見た目が華やかであれば、それでいい傾向がありますからね・・・。

 

 

「いり江」という屋号は、沖に出た船が戻ってきた時にホッと一息つける、そんなお店にしたいという意味合いからきています。」

オフィシャルサイト:店舗案内より

平日14時を過ぎた店内は空いており、近所の方と思しき上品なご婦人が、手がいくつあっても持てないほどのバッグを作った、全て着るのに何日かかるか分からないほどのセーターを編んだ、という話をされていて、それでもまた、ユザワヤだか日暮里だかに買い出しに行っちゃう、という話で、穏やかに楽しそうに盛り上がってらっしゃいました。

それがまた、なんだかいい雰囲気で。

あんこの美味しさに興奮しながらも、のんびりゆったりとした時間で、すっかり長居してしまいました。

美味しいあんみつと、いい時間を、ありがとうございました!

 - カフェ・レトロ ,