これぞ大正ロマン!倉敷美観地区の老舗カフェ「エルグレコ」

   

倉敷の美観地区を訪れる乙女は必ず寄らねばならないカフェ(櫻田調べ)、エル・グレコ。

この外観にうっとりするならば、大正ロマンという言葉に反応するならば、乙女認定です。

ちなみに当方、43歳の乙女です。

あぁ、一面蔦の這う壁、赤い庇、白い扉、蔦に埋もれる古い窓・・・これをロマンと言わずになんと言おう!

自転車に乗ったはいからさんに、この前を駆け抜けて欲しい!

そして、少尉と一緒にここでお茶して欲しい・・・

この大原美術館に併設されているカフェは、1959年から営業という老舗。

オフィシャルサイト:歴史

美術館に展示されている絵画、「受胎告知」の作者エルグレコから名づけられたそう。


#これはアマゾンで売ってるマウスパッドですが

店内は、ご覧の通り、外観からの妄想を裏切らない、クラシックな佇まいです。

升目の竿ぶち天井、板張りの床。

窓も天井もついたても、格子のデザインが古風で素敵です。

特に窓枠には本物のクラシックにしか出せないオーラを感じます。

この、古い大学の校舎の窓みたいな、上げ下げする窓!

そして窓の外の蔦を通して太陽の光が差し込み・・・輝くばかりのグリーン!

#各テーブルの上には生花がさりげなく飾られているところも、素敵です。

 

外の蔦のグリーンとコーディネートされているのか、テーブルの上のガラスのシュガー入れが、グリーンのガラスで、そのハーモニーが美しくて。

店主のセンスの良さに、感謝したい。

 

ちなみに、日曜日に尾道で食べまくって来た後、17時閉店前の滑り込みで来店。

なぜなら、月曜日は美術館もカフェも休館日だから。

コーヒーだけのつもりが、つい、レアチーズケーキを頼んでしまったという流れ。

「カステイラ」という表記も、ツボです。

お食事メニューはありませんでした。

 

 

ちなみに、店内はやはり、年齢高めの乙女でいっぱいで、平均年齢40歳くらいかと思います。

また、お一人様もちらほら見かけましたが、人気店ゆえお一人様は長テーブルの相席となる可能性が高く、ちょっと落ち着かないかもしれません。

訪問時は雨でしたが、翌朝の美術館休館日かつエルグレコお休みの月曜、改めて訪れて写真に撮りました。

ちなみに、倉敷美観地区は、月曜日に訪れてはいけません。

かなりの施設や飲食店が、月曜日お休みしているから。火曜日も準危険日。

観光地はやはり、金土日に訪れるのが妥当ですね。

 - カフェ・レトロ ,