和栗モンブランのキャラメルナッツパルフェ@銀座アマンド

   

ちょっと時間を潰したくてアマンドに入っただけだったのに、ついついパフェを頼んでしまった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

このピンクと白のスプライト、ハイカラなひさしでおなじみのアマンドと言えば六本木交差点、というイメージですが、発祥は新橋だそう!

1946年東京・新橋。喫茶と甘味の店として、アマンドは誕生しました、のだそう。

「待ち合わせと言えばアマンド」

昭和な世代、バブル期の世代にはこれがしっくり来るのではないでしょうか。

アマンド:ブランドヒストリー

店内はラブリーでゴージャスな空間です。

 

コーヒーを飲むつもりだったのが・・・1,080円というお手頃な値段にも惹かれてしまい「和栗モンブランのキャラメルナッツパルフェ」という、やたら長ったらしい、櫻田が好きなもの全部入りのパフェをオーダーしてしまった♪

 

昭和生まれのセオリー、底は「コーヒーゼリー」と「コーンフレーク」という構成。

 

このアマンドピンクがたまらない。

アマンド、変わらずあり続けて欲しい喫茶店の一つです。

 - カフェ・レトロ ,