香味屋で丁寧な洋食味わう3★洋食弁当A,B,C比較表

   

お花見の帰りに二人の大好きな洋食屋さん、香味屋へ行って参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今回は気になっていた洋食弁当をいただきました。

このお重がなんともワクワクします♪

さて、香味屋さん、日比谷線の入谷駅から徒歩5分の、

 

昭和な雰囲気の商店街にあります。

 

若干の昭和な雰囲気と、モダンな高級感がMIX。

 

訪問は3回目ですが、今回は1階の奥のエリア。

木製のモダンな椅子、白いテーブルクロスに、絵画など飾ってあり、品があって落ち着いています。

 

ちなみに2階は天井が高くて、自然光が入る空間。

kamiya_2

 

当日はお料理教室で2階はクローズだったようです。

行ってみたいな〜。

 

テーブルクロスは分厚い布製で、毎回取り替えられています。贅沢。

 

さてオーダー。

洋食弁当というのは決めていたけれど、A,B,Cどれにするか悩む・・・。

判断に迷った時はこれだ!

洋食弁当比較表!

A:3,240円 B:4,000円 C:5,000円
車エビ
一口カツ
テリーヌ
チキン唐揚げ
エスカベッシュ
コールドビーフ
スモークサーモン
ミニハンバーグ
カニコロッケ
牛タンコロッケ
ホタテのピカタ
魚のムニエル
カニピラフに変更可+1,000円

お花見でアイスクリームを食べてしまって、ペコペコというほどでもないし、そもそも少食だし、金額=量ってのもあるなと思って、洋食弁当A,3,240円にしました。

バッハ君は「全部入りでしょ!」と、洋食弁当C。

ビールを飲みつつ、

 

取り分けサラダ1,150円をつまみつつ待っていると・・・

#こういうシンプルな普通の料理が美味しいのが、香味屋さん!

 

ドドン!と3段のお重が到着。

この佇まい、シビレます・・・。

 

オープン!

うっはーーーーっ♪

 

さて、一段ずつ比較してみます。

洋食弁当A 洋食弁当C

Cのスモークサーモンの分、Aは卵やハムが入ってました。

洋食弁当A
洋食弁当C

Aはトマトとポテトサラダが入っていて、Cはハンバーグやムニエル・ピカタなど、より肉肉魚しい、ボリュームたっぷりのてんこ盛り具合!

やっぱりAにしてよかった・・・。

ちなみに、Aのボリュームがもう少し控えめだったら、最高のメンチカツを1個(1,150円)を足そうと思ってたんですけどね・・・足さなくてよかったです。

Aでも十分過ぎるほどお腹いっぱいになりました。

これは過去にメンチカツ2個頂いた時の画像。

kamiya_9

 

そして嬉しいのが、お弁当が供されてしばらくすると、お茶を持ってきてくださるんです。

ほっこり、落ち着きます。

 

ナイフとフォークの他に、お箸も持ってきてくださるのも嬉しいです。

バッハ家は、フレンチより下町の洋食屋さんが似合うねぇ、なんて言いながら帰る道すがら・・・

近くの「CONVENIENCE STORE SEKINE」にシビレました。

 

レストラン香味屋【食べログ】

なお、オフィシャルサイトのアクセスに、親切な寄り道ガイドがあるので、参考下さいませ。

ちなみに、過去の記事。

【2016/11/03 】香味屋で丁寧な洋食を味わう

【2017年11月3日】香味屋で丁寧な洋食味わう2★メンチカツはここが一番!

 - 洋食