ハンバーグランチでにんじんのグラッセに感動する@レイズンウィッチの御茶ノ水小川軒

レイズンウィッチがあれだけ美味しいのだから、レストランもさぞ美味しいであろうと、御茶ノ水小川軒に行って参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

御茶ノ水小川軒はJR御茶ノ水駅の聖橋口から5分ほど

本郷通りに面した、コンクリート&ブロックガラスづくりのモダンなビルの中にあります。

駅から離れていて、繁華街でもないので、通りすがりではなく、ここを目指して来店される方ばかりでしょうね。

赤いひさしやレースのカーテンが、オシャレな雰囲気を醸してます。

こういう、プリンターで出力したな感のあるポスターがいろいろ貼ってあって、ここらへんはいい意味で昭和感です。

そして、入ろうとするとこんな案内が。

レストラン V.S. カレー他

「カレー他」という表現が、すごいツボりました。

カレーやハヤシライス、オムライスが頂けるようで「カレー他」らしいです。

ちなみに、1階の「カレー他」←しつこい は、わりと空いてました。

レストランは地下1階へ

我々の目的は洋食ランチですので、地下1階へ。

12時ちょっと前でしたが、ほぼ満席でしたよ。

人気なんですね。

これは帰る時の13時半くらい。

ブルーを基調とした、上品なインテリアです。

地下なので、ランチだけどディナーを頂いているような雰囲気でした。

カウンターだったと思われる所から、厨房の様子が少し覗けるようになっています。

満卓だったのもあるのか、混乱しているようでした・・。

ランチメニュー写真

ランチのハンバーグステーキレギュラー「160g」は、女性ならいいのですが、男性にはちょっと物足りないかもしれません。

ラージにするか、トッピングするか、エビフライやコロッケ添えをおすすめします。

テーブルに置いてあった、スイーツの誘惑。

レイズンウィッチが1個140円で頂けますよ~これはマストですね。

グリル野菜添えハンバーグステーキレギュラー160g

1,900円には、パン/ライス サラダ・スープが付いています。

まず提供されるのはサラダ。

彩鮮やかで美しい~。

リムの色の感じなど、やっぱりどこか昭和感があるのが、好き。

エスプレッソサイズの、ポタージュスープ。

濃厚でちょうど良い量です。

そして、メイン♪

ハンバーグはあまりちゃんと写ってませんが、ホロホロと崩れて食べるのが大変な感じで、つなぎ少な目、肉しっかり、味しっかり。

大変美味しかったです。

で、一番ときめいたのは、グリル野菜の甘さです。

グリルの仕方なんでしょうか?火力でしょうか?

甘みが素晴らしく美味しかったです。

極めつけは人生で一番美味しいにんじんのグラッセに感動。

甘党が喜ぶ甘いグラッセ。

にんじんのグラッセに、これほど「やべーこれうまいー!」と思ったのは初めてです。

だって、添え物じゃないですか、メインになれない。

でも、ほんと美味しくて、思い出すとまず、にんじんのグラッセの美味しさが出てきます。

いやぁ、一度食べて頂きたい!

デザートは湯島ロール

マロンが入っているということで惹かれました、小川軒オリジナルの「湯島ロール」600円を追加オーダー。

紅茶/コーヒーはランチについています。

繊細でキメの細かい生地と、生クリーム、栗の甘露煮。

老若男女、誰にでも間違いなく喜ばれる美味しさが、素晴らしい。

昭和の洋食レストランの名にふさわしい、レイズンウィッチの名声にふさわしい洋食屋さんでした。

ただほんと、オーダーしてからメインが出てくるまで約30分かかったので、ちょっとツラかったです・・・たまたまかもしれませんが、ゆったり時間がある時に!

(多分)シャガールの絵も飾って、クラシックな雰囲気が、我々にはぴったりの、落ち着ける空間でした。

御茶ノ水小川軒:レストラン情報

オフィシャルサイト:御茶ノ水小川軒(地下1階)

1階の カフェ も、明るくていい雰囲気でしたよ~こちらはわりと空いてました。

レイズンウィッチのレポはこちら。