近江屋洋菓子店噂の「もも」ゲット【2024年更新】桃を味わうシンプルで贅沢なスイーツ♪

記事には広告が含まれています

桃好きさんには、絶対に食べていただきたいーーー!2024年も早々に近江屋洋菓子店さんの「もも」をいただきました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

今年も美味しいーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

購入するための情報2024年版まとめ、レポと、2020年に初体験してからの毎年のレポなど、近江屋洋菓子さんの情報がぎっしり詰まっております!

注)「もも」は商品名です。

2024年7月:近江屋洋菓子店「もも」情報まとめ

今年は7月1日からスタートした、近江屋洋菓子店さんの夏の名物「もも」!

去年までからの変わった点も含めて、要点まとめておきます。

ふらっと行くと買えないことも多々あるので、お気をつけ下さい。

・クレジット決済等、可能になった!(去年まで現金)
・価格は去年より100円アップで、税込1,404円/1個
・販売は例年8月末頃までだが、桃の状況次第
・桃が熟れてないと作らない
・熟れ具合次第なので、すぐ売り切れることもあるし、残っていることもあるが、土日は午前中をおススメします
・毎日の製造状況ポストが、今年はあまりないです・・・が、しかし、▶Xと▶インスタは必ず確認しておきましょう。

今年は販売スタートの初日曜日に開店少し前に行ってみたところ、すでに数人並んでおり、開店するころにはそれなりの行列になっていた模様。

後述する桃三銃士(タルトとケーキを加えて)は、7日はまだ登場していませんでした。

電話は繋がれば、取り置きとか予約とか受けてくれと思うのですが、お客さんが多くて鳴りっぱなしの印象もあります・・・平日の空いてそうな時間帯なら、可能かもしれません。

ちなみに、平日土曜は9時からですが、日曜日は10時オープンとのことで、お気をつけ下さい。▶オフィシャルサイト

 

レトロな店構えも素敵な、近江屋洋菓子店さん

そして、2024年1個目の「もも」♪

2個買って、今年は2個目が大当たりだったな~♪

正直言うと、ちょっと桃がイマイチかな、という個体差、あります、えぇ、桃ですから。

でも、甘みはカスタードが補ってくれるので、救ってくれるので大丈夫なのと、比較しないと分からない程度です!

櫻田は、毎年5,6個いただくので、最高を知ってしまう故の悩みかもしれません。

やっぱり、最盛期が一番当たると思うので、7月末位にまた伺いたいと思います!

このシンプルなお菓子「もも」がどう美味しいのかは、初めて頂いた時のレポをご覧ください↓

スポンサーリンク

2020年9月:近江屋洋菓子店「もも」初体験レポ

先週の金曜日だったのですが、バッハ君が帰って来るのがちょっと遅い・・・お給料日だし、これは・・・と、ちゃっかり期待して待っていたら、やっぱりケーキの箱を持って帰って来た♪

ケーキの箱にお帰りなさいを言う私。

箱を開けると・・・憧れ続けた「もも」が!

大興奮して家を駆けまわる櫻田と、満面の笑みのバッハ君、3度目の正直だ!

近江屋洋菓子さんがしっかり熟成された桃に拘って作られているので、熟れてなければ作らない、数量限定、売切れ上等の「もも」

オフィシャルインスタでその状況は報告されるのだけれど、夕方には売り切れていることが多く、バッハ君が足を運んでくれたものの、2回とも売切れていて・・・とうとう!

おぉ、そなたが「もも」か!

形状はもちろん、桃、そのまま。

可愛い♪

ツヤッツヤにお化粧されています。

中を割ると・・・カスタードクリームがぎゅーっと詰まっています。

それだけなのです!

ムースとか、スポンジとか、タルトとか、一切なし。

ももとカスタードクリーム、形はそのまんま、もも!

なぜこんなに美味しいのだー!

このシンプルさが、最高に桃の美味しさを引き立ててる!

これこそ、最高に贅沢な食べ方だと思います。

そもそも、桃って、なっかなか美味しい個体に出会うの、難しいじゃないですか。

まだ固い状態で出荷されるから、追い熟が必要なのだけれど、うまく熟さなかったり、熟して来ても、甘みやコクが全然なかったりする・・・。

それを近江屋洋菓子という、フルーツとケーキのプロが、選りすぐった桃を、最も美味しいタイミングで、シンプルに「もも」に仕立ててくれる。

もう、決めた!

美味しい桃は近江屋洋菓子さんの「もも」で毎年味わうのだ!
(バッハ君頼みなのだが)

そして、今年最後の「もも」が終わったようです。

来年も楽しみにしています!

というか早速「丸ごと洋なし」が出てる!

2021年アップデート

2021年もゲットしました!今年も近江屋洋菓子店で幻の「もも」ゲット★美味しい桃は「もも」で味わうに限るっ!

’22年7月:近江屋洋菓子店の「桃三銃士」タルトもヤバッ!

今年もバッハ君が近江屋洋菓子店さんの「もも」を買って来てくれたんですが・・・なんかずっしり重い。

 

レトロカワイイパッケージを開けると・・・きゃーなんか沢山入ってるぅ~♪

・もも:1,200円×2
・桃のタルト:900円位
・桃のロールケーキ:500円位
(外税)
もちろん、まずはつやっつやの「もも」♪

 

桃をまるまる一個!大きいんですよ!

 

中には・・・特製カスタードクリームが詰まっている・・・それだけなんだけど、このシンプルさが美味しい!
(あと、外側に艶出しゼリーが塗ってあるし、他に何か媚薬が注入されてるかもしれませんがw)

桃の美味しさを邪魔しない、すっきりとした、「もも」のためのカスタードクリームです。

スポンサーリンク

 

そして、そして!初「桃のタルト」!

桃のサイズがおかしい、デカ過ぎる!

このサイズの桃が乗ってるの、おかしいです、嬉しいです、ニヤけます。

こんな大胆に桃が乗っているタルトを、櫻田は見たことがありません!

何これ~!ヤバー!叫び声出ます。

フルーツタルトと言えばキルフェボンですが、完全に超越してます、このフルーツの塊の大きさ具合は、もう、異次元です!あり得ないです。

透明なゼリー部分は昭和の味がするのも、近江屋洋菓子店の好きなところです。

 

 

「もも」は、入荷したももがきちんと熟していないと作らないそうですので、その日に作っているかどうか、必ずtwitterの情報を確認して下さい!

また、売り切れるのも早いので、お昼頃までに行かれることをおススメします。

ちなみに、早めに行き過ぎると、名物のフルーツポンチがまだ出来上がっていなかったりするそうで、なかなか難しいです。

近江屋洋菓子店のレトロなフルーツポンチが好き★手土産に大推奨/消費期限は?

電話でお取り置きもできるようですが、バッハ君によると、常に店内は行列が出来ており、現場がいそがし過ぎて、なかなか電話に対応できていない様子だったそう。

一か八か、突撃して、ゲットできた喜びを味わうのも、また一興!

ただ、とにかくtwitterやインスタ―は、必ず確認されることをおススメします。

スポンサーリンク

追記:2022年は8月31日がラスト「もも」で、なんと、800個作られたそうです!

お昼前に買いに行って無事ゲットしました。

今年も美味しい「もも」を、ありがとうございました!

 

2023年7月:近江屋洋菓子店「もも」早々にゲット

2020年に大人気の「もも」を初体験しましたが、毎年頂いて、2023年も販売開始早々に頂きましたので、購入方法や値段も合わせてアップデート致します。

・7月頭頃~8月末頃まで
・価格:1個 1,296円税込
・昼過ぎになくなることも多いよう(土日)
・桃が熟れてないと作らない
・必ずオフィシャルtwitter/インスタで販売状況を確認してから行く
・電話での取り置きは、そもそも店内が忙しくて電話を取ってもらえない可能性も・・・
・朝イチで店頭で買って、取り置きしてもらって、夕方ピックアップは可能でした
(ヤバイのは土日、平日ならゲットの可能性高し)

おぉっ!お美しい!

今年もそなたに会えてうれしいぞ。

 

この、昭和のお弁当に入っていた、ギザギザのアルミホイルも、ツボですw

 

ゆっくりと潰れて行く・・・

★★

ちなみに、近江屋洋菓子店さんと言えば!

近江屋洋菓子店のレトロなフルーツポンチが好き★手土産に大推奨/消費期限は?

こちらは通年扱っているので手に入れやすいですが、売り切れていることも多いのでご注意下さいませ!