厳選洋食さくらいで質の高いこだわりの洋食を@上野広小路

   

年末年始最後のグルメは、上野広小路にある洋食の名店、厳選洋食さくらい。

恐らく10年以上振りの再訪。

ランチタイムは11:30〜の営業ということで、5分前に到着すると、2組程エレベーター前で待っていました。

 

お正月はスペシャルコースがあります。迷いマス。(クリックでさらに拡大します)

オフィシャルサイト:メニュー

 

7階の受付までエレベーターで上がると、モダンな店内。美しい空間です。

 

布のナプキンが敷いてあり、膝にかけるナプキンは紙でしたが、お手拭き用は紙ではなく、気持ち良いタオル地で、さらにミントのような爽やかなアロマがほんのりと。

こういうこだわりのあるお店が好きです。

 

お正月コースも魅力的でしたが、とにかく好物のメンチカツが食べたくて却下。

まずは、ハーフ(1個)のメンチカツに、スープとパンとサラダを付けて。1600円。

スープはほんのり甘いにんじんのポタージュで、丁寧に作られたものだな〜と感じました。

 

まずサーブされたのは、同じくハーフで単品注文したロールキャベツ。頼んで正解!美味しいっ!

大きさは小さめで肉も少なめですが、何よりこのトマトスープがスパイシーで、でもどこか和の雰囲気もある・・・。

この味は他とは違います。とっても美味しいロールキャベツでした。

 

バッハ君はハンバーグ&海老フライセット2,600円

大人気で両隣のお客さんも注文されてました。

こちらもソースが絶品です。

やや小さめのハーフサイズポーションなので、ちょーっと物足りないかもしれまsねんが、まあ、海老フライ2本ついてますしね。

 

櫻田のメインディッシュが到着♪I Love メンチカツ〜☆

 

衣は粗めで、サクサクと。メンチカツ本体は玉ねぎが多めでスパイシー。

デミグラスソースと中濃ソースの2種類が別添えなのは素晴らしい。

もちろん、お肉と衣のダブル脂油でじゅわ〜と幸せに。

 

お腹いっぱいになったので、デザートは二人で一つ、クリームブリュレ。

特筆すべきは「あたたかいものがとてもあたたかい状態で出て来た事」です。

寒い日だったので、一層それが嬉しかったです。

12時が近づくにつれウェイティングのお客さんも多くなる人気店。予約必須の忙しいお店ですが、キッチンとサービスの方のチームワークが素晴らしく、そして、器をあたためるなどの工夫がされているのだろうと勝手に感心しました。

スープが冷めちゃったりって、よくあるじゃないですか。あれ、冷めたラーメンか珈琲くらい、残念ですよねぇ。

味にもこだわりが感じられてとても美味しく、また訪れたい洋食屋さんが増えてしまいました。

ごちそうさまでした!

 - 洋食