タガイタイの湖を望む開放的なフィリピン料理レストランLeslies★名物ブラロは絶品!

スポンサーリンク

マニラに住むフィリピン人おすすめの、タガイタイのフィリピン料理レストラン「Leslies」で、名物「Bulalo(ブラロ)」を堪能して参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

Leslies Resataurant at Tagaytay

レイクビューの開放的なレストラン

タガイタイのわりと中心エリア、レストランが集中しているエリアの、湖側にある、Leslies。

湖ビューの、素晴らしい景色が望める、オープンな造りのレストラン。

湖を眺めながら、まずは乾いた喉を潤します。

ドリンクメニューを見るとどれも甘そうでしたが、食事中でもOKの、マイルドな甘さでした。グリーンマンゴー199ペソだった気がする。

フィリピン料理って美味しい!

フィリピン料理って、脂っこさには閉口する時があるけれど、基本的に日本人の口に合うと思います。

醤油っぽかったり、甘めの味付けだったり、辛過ぎなかったり、マイルド中華みたいな感じがします。

ビネガー苦手だとキツイかもしれません!

さて、料理のオーダーはフィリピンの方にお任せ。

タガイタイの名物料理で必須なのは「Bulalo(ブラロ)」骨付き肉のスープです。

749ペソと高めですが、日本円なら1,500円くらいですし、3人前くらいあります。

骨つきの肉を煮込んだ、澄んだスープです、テールスープみたいな感じでしょうか。

濃厚だったり酸っぱかったりするスープではなく、日本人には絶対おススメです!!

で、骨の周りについた塊肉よりも、骨髄の中の肉!?がトロットロでコラーゲンたっぷり、美味しいそう!

最初サーブされた骨は空洞だったので・・・店員さんに肉がちゃんとついた(入った?)のを持ってきて!と頼んでくださって、ローカルの人がいると心強いです。

お肉の他にも、ジャガイモ、白菜、とうもろこし、ネギなどが入っていて、ほんとーーーーーーーに美味しい!

フィリピン料理は、基本的に大皿料理各自取り分け形式で、自分のお皿にご飯を取り、スープをかけながらいただきます。

味に変化が欲しい時は、下の写真の右奥にある、スダチのような「カラマンシー」を絞ります。

醤油のようなものに、唐辛子と、カラマンシーをまぜて、これをつけだれにして、魚の唐揚げなどを楽しみます。

ブラロ の他に、湖で取れた魚の唐揚げ「Fried Tawilis」が299ペソ。

ご飯が一人分@69ペソ

エビのにんにくバター炒めでめちゃめちゃ美味しい「Buttered SUGPO」が599ペソ。

今回の初めての滞在で、

フィリピン料理=油っぽい+酸っぱい+にんにく かつマイルド

という印象が残りました。

タガイタイで尾崎豊を聞くことになろうとは!

店内は広く、月曜日ということもあって(タガイタイでは月曜休みの施設やお店が多い)店内は空いていました。

4人編成のバンドが、お客さんの周りを回って歌を披露しています。

櫻田たちの席にもやってきて、日本人だと伝えると・・・

尾崎豊を歌い始めるじゃないですかもうっびっくり!

この曲を知ってる人は、店内広しと言えども櫻田だけ・・・日本語は怪しいんだけど(笑)、全部暗記してるし、歌上手いんだ〜!すごい!

チップをはずんでおきました。

残った料理は持ち帰るのが基本!

たくさん頼んでブラロ が残ったのでお持ち帰りをお店にお願いする、一緒に行ったフィリピン人夫妻。

スープをどうやって持って帰るのかな?と思っていたら、普通のスーパーでもらうビニール袋にスープをそのまま入れて口を縛って、はいどうぞとな!

一応、ビニール袋二重にしていましたが、漏れないかな、大丈夫かなと心配になりましたが、大丈夫そうでした。ホッ。

残したものは持ち帰る、というのは、日本はあまり馴染みがないけど、もったいないし、無理に食べてお腹が苦しくなることもないし、いいんですけどね。

(日本)ドギーバッグ普及委員会

食中毒問題や、責任問題など、いろいろ論点があるのだと思います。

番外編:タガイタイエリアの街並み

タガイタイは観光地ですが、それまでの道すがら、様々な「リアルフィリピン」を感じながらのドライブでした。

マニラの渋滞を抜け、高速を降り、地元の道を走り、途中何度もこんな感じの商店街を抜けました。

なんだかもう崩れてしまいそうだけれど、全然普通に営業しています、これが普通、と。

野良猫や野良犬は、皆痩せているけれど、逞しい。

Junk Shopの相当なジャンクさ!

何度も見かけたセブンイレブン。

そしてこののどかな風景・・・時間がゆったりと進んでいます。

また行きたい、タガイタイ!

オフィシャル:Leslie’s Restaurant

トリップアドバイザーレビュー