香味屋で丁寧な洋食を味わう4★このデミグラスソースを是非味わって頂きたい!土日ランチは予約必須

香味屋は東京の洋食屋さん3本指に入ると思う櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ということで、本日もやって参りました、4度目の香味屋ランチ。

日比谷線入谷駅から、とことこ7,8分歩いたところにあります。駐車場もありましたよ。

11時半のオープンと同時に行ったので予約はしませんでしたが、あと1組後ろだったら、お席は12時半までで、私達は13時まで、でした。

あぶないあぶない、人気店、予約は必須ですね。

テーブルの上に「御予約」マークがいっぱいでした。

いつも法事のお客さんとか、団体客が入っていることが多い、香味屋さん。

ちなみに、2階はこんな感じです。

とっても開放感と清潔感、そして華美ではない高級感があって、素晴らしいです。

9月のメニュー

オフィシャル:メニュー

さて、9月のメニューはこちら。

この、シンプルで、必要最低限だけど、洗練された感じが好きです。

本日のオーダー

ビール 800円

エビス中瓶にしました。

パン1人分 250円

パンを1人分オーダー。3個です。

胚芽ロールが2つと、バターロール。

ここ、パンが美味しいんです、とっても。

だからこそ、いつも3種類↓2017年だったので、ちょっと残念。

バターももちろん付きます。

トマトサラダ 800円

今回のサラダは、トマトサラダにしてみました。

サウザンアイランド系ドレッシングに、刻みオニオン。

トマトもオシャレに美味しい一皿に。

海の幸のクレープ巻きのクリームグラタン 3,500円

バッハ君のメインは、ちょっと変わった一皿。

クレープの中には沢山の魚介と、バターたっぷり魚介の旨味たっぷりのソース、

さらに外側にはホワイトソースがかけられ、焼き目がつけられているという、どんだけ手間かかってるねーん!

という、絶対に家では作れない一品。

うーんとうなってしまう(美味しくて)美味しさです。

カツサンド 1,900円

メインがシーフードだからと、カツサンドを頼むバッハ君。

す、すごいボリュームだよ・・・この肉の厚み!パンの厚み!

えっと、このカツサンド、素晴らしく美味しかったんですが、美味しさの秘密は、キャベツ!

カツの上下にキャベツが挟んであり、ソースがかかっているのは基本なんですが、そのソースの絡まり具合や味のバランスがなんとも絶妙で、なんかこう、ふわふわとした第二の衣みたいなってまして、「パン・キャベツソース・衣・肉」というレイヤー!

なんとも上品で美味しい!

メンチカツとビーフシチューの盛合せ 3,300円

櫻田のメインは、メンチカツとビーフシチューの盛合せ 。

夢のタッグだよね。

でさ、このメンチカツがね・・・ナイフを入れると、肉汁がじゃーーーーーーっ!

断面図にボコボコ穴があいた感じみたいになっていて、フカフカしてるんですよねぇ。

美味しい。

そして、お隣にはビーフシチュー。

繊維に沿って、ほろほろと崩れ落ちるような、はい、お箸で切れます。

そして、なんといってもドミグラスソース!

7日間かけて作るドミグラスソースは、深くコクがあって、旨味が強いのに、クドさはありません。すーっと上品な味。

美味しい・・・・。

ウェイターの若い方にお伝えすると、とても嬉しそうに、いろいろ説明してくださいました。

あぁ、この方も、このお店が好きで、味が好きで、自信を持ってサーブしてるんだな、ということが感じられて好ましかったです。

ぼーっとしているようなことは一瞬もなく、いつもあらゆる方向に目を配り、キビキビと働く彼らは、実際、一流ホテルマンのようでした。

小さい洋食店で、こういったサービスの質を維持し続けるのも、なかなか大変なことのように思いますが、いつまでも、味もサービスも変わらぬ高いレベルを期待しています!

レストラン香味屋

オフィシャルサイト

【2016/11/03 】香味屋で丁寧な洋食を味わう

【2017年11月3日】香味屋で丁寧な洋食味わう2★メンチカツはここが一番!

【2019.04.02】香味屋で丁寧な洋食味わう3★洋食弁当A,B,C比較表