名物「ビフテキ丼」「マルセヰユ鍋」をコースでお得に味わう@にっぽんの洋食津つ井総本店赤坂

スポンサーリンク

美味しい洋食を頂いて幸せな櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

サントリーホールのコンサート前だったので、早めの17時集合。

食べログ詳細情報&予約:にっぽんの洋食 赤坂 津つ井 総本店

早く着いたら準備中でした・・・夜は17時からの営業なんですね。

料亭の雰囲気漂う、上品な洋間、といった感じの1階店内。

今回は友人と行ったので、写真撮影は控えめ。↑と↓は、前回バッハ君と2017年に行った時の写真を使っています。

雰囲気的に「接待感」あり。地下には個室もありますし。

さて、津つ井さんの魅力の一つは、そのメニューの豊富さ!

オフィシャルサイト:メニュー平日夜

ビフテキ丼も、白オムライスも、唐揚げも、カツも、ハンバーグも食べてみたい・・・うわーん(涙)

選択肢が多すぎるとパニックになる櫻田、こんなセットに落ちきました。

絶対食べたかったビフテキ丼と、前回食べ損ねたマルセイユ鍋がセットになってるのです。

ビーフシチューがセットになったこちらにも惹かれましたが、ビフテキ丼がどうしても食べたくて。

ということで、平和に素早くオーダーができました。ホッ。

飲み物のメニューも豊富でしたが、コンサート前ですし、控えめにビールの中瓶をシェア。

オフィシャル:ドリンクメニュー

卯の花をつまみに、おしゃべりしていると、フライ盛り合わせが。

ふわっとしたカニクリームコロッケ(ソースも美味しい)、安定のポテトサラダに寄りかかる、エビフライに、タルタルソース。

あぁ、ビールでよかった、ビールじゃなきゃね、という内容に満足。

小さなサイズでいろいろ楽しめるのは嬉しい♪

 

お次は名物のマルセイユ鍋!そう、マルセイユじゃなくて「マルセヰユ鍋」老舗の洋食店な雰囲気醸してます。

海老、ハマグリ、帆立などを卵でとじた、和風のブイヤベースです。お出汁が美味しい!飲み干したい!ご飯入れたい!

そして、日本酒飲みたくなるな・・・でも、コンサートで確実に寝てしまうから我慢。

ここまでが次々に出てきますが、ここで一旦ストップしてくれます。

流石の配慮ですね〜。

食事が進むと、お口直し的なサラダを出してくださいます。

前回気に入った「モヤシのカレー味ナムル?」(単品メニューもあり「もやしサラダ」となっていました)もちょこんと添えられています。

そして、楽しみにしていたビフテキ丼登場!

これが美味しいんです!

とろけるお肉に、甘辛のタレ、バター、強めの塩胡椒・・・

赤坂名物“ビフテキ丼” 2,600円(の、ミニサイズ)
多くの洋食通を虜にしてきた、
当店の名物料理「ビフテキ丼」。
お肉は黒毛和牛のロースを使用し、たまり醤油に
みりん、砂糖などを加えたタレにくぐらせ、網焼きで
余分な脂を落としながらベストな状態に焼き上げる。
お肉はしっとりと柔らかく、
甘めのタレ・溶けだしたバター・ブラックペッパーの
風味と相まった、当店自慢の逸品を是非ご賞味ください。
オフィシャルサイト:メニュー平日夜より

 

どうでもいい情報ですが、櫻田は、普通のステーキより、ステーキ丼に感動する確率が高いのだな、と気づきました。

人形町今半のヒレステーキには人を幸せにする媚薬が入っているに違いない@日本橋高島屋

imahan7

高級肉買ってきて、家で作ろうって、昔作ってたな、また作ろう。

2015年だけど:居酒屋こずちゃん

20150411dinner3

肉最高。

なお、コースのビフテキ丼はミニサイズなので量は少ないですが、コースのシメにはちょうど良い分量です。

でも、男性は、+1,000円でフルサイズにされることをおすすめします。お肉の量が物足りないかもしれません。

デザートにゆずシャーベット

上品にお口直しして、お茶をいただいていたらコンサートに遅刻しそうになりました。

ちなみに、予約は必須だと思います。席だけOKなので、まずは予約しておきましょう。

あぁ、素晴らしい洋食を今回もごちそうさまでした!