グリル佐久良@浅草で再び幸せな洋食:やっぱりビーフシチュー&厚切トースト

   

バッハ君と再び浅草散歩&グルメして参りました、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

グリル佐久良さんのビーフシチューが食べたくて!

 

そう、浅草で一押しの洋食屋さんと言えば、グリル佐久良さん!

昼間は行列で大変ですが、土曜日の夜18時頃に伺ったら、わりと空いていました。

もしかしたら夜が狙い目なのかもしれません。

「お座敷洋食佐久良」という看板がまた好き。

ちなみに、店内はテーブル席とカウンター席です。

古き良き、アットホームなカウンター席が一番のおすすめ。

美しい女将とのおしゃべりも楽しみなのです。

 

前回訪問した時はメモに注文を書いたので、今回も。

混雑しているランチタイムにはメモをお願いするけれど、空いていれば伺いますよ、とのことでしたが、他の席の片付けでお忙しそうだったので、メモに。

ちなみにこちらが前回のメモ↓

順番も内容も、前回と全く同じ(トーストに厚切りがつくかつかないかだけw)です。

はい、バッハ君も櫻田も、好きなものをずっと食べ続けるのが、基本好きなのです。

まずはビールを飲みつつ、アスパラサラダを。

アスパラ大量〜!

バッハ:なんてことはない料理なのに、なんでこうも美味しいんだろうねぇ、何が違うんだろうねぇ。

しみじみ。

ドレッシングをまとったレタスも、とても美味しい。

しみじみ。

そして、佐久良名物の、厚切りトースト!

マーガリンがたっぷりと塗られた厚切りトーストが、さいの目に切ってあります。

これをですね、ビーフシチューに浸して食べる幸せったらもう・・・。

しみじみ。

ビーフシチューは甘めコクあり。角が取れたまろやかさです。

そして肉はトロトロ、さらに半端ない量です。ボリュームたっぷり!

いわゆる、お箸で切れる系ビーフシチューです。

そして、バッハ君の大好物、エビフライ!

極太でプリップリの、柔らかい身が、サクッサクの薄めの衣に包まれて、カラリと揚がっています。

あぁ、どうやったらこの、衣はサクッサクで火は通っているけど、通り過ぎて身が固くはなっていないタイミング、を極められるんでしょうか・・・。

で、エビは大きいので、タルタルソースはちょっと足りません。

でもそれは、足りないというより、後半はソースでも楽しんでくださいね、ということ!

ソースたっぷりのエビフライも、また美味しい!1尾で2度美味しいのです。

ちなみに、エビが腰をかけている「ポテトサラダ」も隠れた名品。

シチューやフライのお供に、ガーリックライス。

こちらもマストです!

柔らかに香るバター&ガーリックの香りとともに、満たされて胃袋・・・。

また撮影し忘れたけど、お新香がついています。

佐久良さんの料理には、何か媚薬が入っているに違いない・・・食べた後はなんだかとっても幸せです。

前回は気づかなかったのか、違うものだったのか、この箸袋!お手製!?

驚いて女将に伺うと、お客さんが作ってくれださるものだとか!びっくりしました。

一つずつ、袋も、文字も、全て手作業です。すごい!

美しく風情がある、素敵だな〜と話していたら・・・「今年のお正月用の箸袋が余ってしまったものがあるのよ、とても綺麗なのよ。」と、こんな美し箸袋をお土産に頂きました♪

桃色と翡翠色、色合わせがとても可愛いらしくて、センスが良くて、思わず歓声を上げてしまいました。

2019年のお正月には、この箸袋を使いたいと思います!

ありがとうございました!

そして最後に、櫻田的浅草三大洋食屋(勝手に決めた)一言で言うならば、

ガッツリ:ヨシカミ浅草店で下町の洋食を堪能する! 

好き:グリル佐久良@浅草で幸せな洋食を-ビーフシチュー&厚切トースト必須 ←1回目のレポ

上品:グリルグランド@浅草で老舗の洋食を味わう

 - 洋食 , ,