濃厚さが異次元!「治一郎」のプリン~パステルでもなく昭和プリンでもなく~

おうちでのおやつに、プリンを買ってもらってご機嫌な櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

大好き「治一郎」の、バウムクーヘンじゃなくて、プリン!

濃厚プリン~パステルでもなく昭和プリンでもなく~

 

治一郎と言えば、じゅわ~っとジューシーなバウムクーヘンが有名ですが、プリンも美味しい!

一言でその特徴を言えば、濃厚!バウムクーヘン同様、やらた黄色いです(笑)

卵は卵黄だけを贅沢に使い、北海道産の原乳から作った生クリームをたっぷり混ぜ合わせ、低温のオーブンでじっくりと焼き上げたミルキーでリッチなプリン。治一郎オフィシャルサイト:治一郎のプリン より

 

パステルのプリンに代表される、トロトロなめらか系プリンが一時期プリン界を席巻しましたよね。あの時代は軽さがもてはやされた。

なめらかプリンも好きだけど、櫻田は、プッチンプリンと昭和の固いプリンが結構好き。


↑人形町の老舗洋食「芳味亭」のプリンは昭和を代表する固いプリン

人形町の老舗「芳味亭」にて至福の小宇宙 洋食弁当を食す!

で、話がだいぶ逸れましたが、治一郎のプリンは、そのどちらでもない、異次元のプリンです(笑)←言い過ぎ もしくは、令和のプリン!か。

スプーンですくうと「固い!」ってなるし、口に入れてもそう思うんですが、卵黄の濃度と、濃厚生クリームのせいか、何かで固めた固さではなく、美味しさの密度が濃すぎて固いんです!

こう、一平方メートル当たりの美味しさの密度が濃すぎる感じです←どんな感じだよっ

カラメルは別添付

カラメルは別途添付されてまして、お好きな量をかける、というスタイル。

甘みの中に、しっかりカラメルの「苦み」があるんですが、プリンの「旨濃さ」と、素晴らしくバランスが取れています。

最初に全部かけると、上の方だけカラメル増しになっちゃうので、追いカラメルして行くか、掘り起こしながら頂くことをおススメします!

治一郎のプリン&バウムクーヘン

治一郎オフィシャルサイト:治一郎のプリン  1個378円

プリンにはやはり、バウムクーヘンを添えることをおススメします♪

治一郎オフィシャルサイト:治一郎のバウムクーヘン

小分けになっているタイプがあるので、オフィスへの手土産等には最適です。

10個入り2,916円があります。

(画像のリンクは楽天ですが、オフィシャルよりだいぶ高いのでご注意下さい)

めちゃくちゃ美味しい、治一郎の看板商品、バウムクーヘンのレポはこちら。

治一郎のバウムクーヘン~あるまじきしっとりジューシー感~ | 櫻田こずえの食卓