たいめいけん・セブンスは2階初進出★洋風小皿ランチ3,500円でちょっとずつ沢山の幸せを♪

昭和6年創業の日本橋の洋食屋、たいめいけんをこよなく愛する櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

久々の訪問は雨予定・・・寒いし外で待つのも億劫なので、予約ができる2階に初進出しました。

そう、1階は予約ができないのです。

たいめいけんには予約のできる2階があるが、高い

#朝から冷たい雨だったので1階の行列は短かったです。

2階は何が違うと言うと、えぇ、同じ料理でも価格が違うんです。

タンポポオムライス 伊丹十三風  1階:1,980円 2階:2,800

taimeiken3

メニュー1階
メニュー2階

#2階にしかない特別メニューとかもありますね。

この価格差は無視できません・・・なので、1階にせっせと並ぶんです。

今回2階を予約したのは、寒さに負けたことと、2階にある「洋風小皿ランチ 3,500円」を頂いてみたかったから♪

このお値段ならどうにかチャレンジできる!と思って。

たいめいけん2階はちょっと高級感あり

さて、1階のエントランス。

ファンキーな3代目、結構好きです。

お二階へどうぞ~につられて予備知識なくお二階へ行くと、価格差に圧倒されますのでご注意ください。

二階の入り口。

確かに1階よりスペースが広くとられていて、高級感があります。

1階は皆さん11時前から並ぶので、11時の開店と同時に満席になりますが、2階は予約制なので、11時だとこんなものです。

きちんと布製のテーブルクロスが掛けられていますね。

その上に紙のマットが敷かれていましたが、クリスマスらしい、可愛いポインセチア柄!

生ビール大にご用心!

洋風小皿ランチは予約制なので、オーダー済み。

ドリンクを頼みますが、バッハ君がここで暴挙に出ます。

給仕の方が「800mlあってすごく大きいですよ」と忠告して下さったのですが・・・強行。

笑っちゃう大きさ、バケツサイズ的な。

居酒屋さんの大ジョッキより大きくて、楽しかったけど、やっぱり多かった(笑)

洋風小皿ランチ全貌!

そして、20分少々かかって、洋食小皿ランチ、到着!

この、ちょっとずつ感がたまらない。

ちょっと少なく感じられるかもしれませんが、普通の男性でも「お腹いっぱい」になりますよ。(バッハ君談)

特に、ローストビーフ、シチュー、ローストポークと、肉肉しい上に、

揚げ物も大きめで・・・

その間にお口直しになるのが、たいめいけん名物コールスロー!

スープは、具がたっぷりのミネストローネでした。

味はたいめいけんですので、もちろん美味しく、そしてボリュームも大満足でした。

繰り返し申し上げますが、見た目よりボリュームありますよっ!

一つ難癖をつけるならば、やはりこういった小皿形式、一つ一つが冷めてしまうんですよね・・・小皿の宿命なのですが。

で、食べ終える頃に、デザートのシャーベットが♪

女性にはわりとヘビーな内容なので、さわやかな柑橘のシャーベットがほんと丁度良い。

ドリンクはついていませんので、別オーダーです。

この後、日本橋高島屋でお買い物の後、ケーキを食べる予定だったので、シャーベットだけにしておきました。

日本橋高島屋でちょっと休憩の穴場~グラマシーニューヨークのB1イートイン8回目~

今後は1階か2階か問題

メニュー1階
メニュー2階

サービスとしては、1階も親切だしそれほど差はなし。

コートはクロークに持って行ってくださったり、やはり、テーブル数に対して人の数は多いですね。

また、テーブルの間が1階はちょっと狭いし、テーブルクロスが布ではない。

あと、2階はクレジットカードが使えるのはありがたい。

でも、予約ができること以外は、価格差ほどの大きなメリットは感じなかったので、今後も基本的には1階で、と思っています。

が、

特選小皿料理 16,500円に興味を示しているバッハ君・・・小皿料理がこの倍あって、さらに、フカヒレラーメンでシメだと。

二人で1つかなと思いますっ(笑)

ちなみに、1階と2階で定休日が異なるのでご注意ください。

たいめいけん:アクセス&定休日