渋谷のラケルでランチ★懐かし過ぎて興奮するも、実はイギリス湖水地方イメージと知ってびっくり

ラケルが懐かしい櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

高校生、いや、大学生の時だな・・・流行りませんでした?

アンミラ(アンナミラーズ)とちょっと似たカテゴリーで、古き良きアメリカンな雰囲気で、ファミレスよりちょっと高いくらいで、店員さんの制服が可愛くて、ウキウキする感じのお店。

とずっと思っていたけど、ラケルはイギリス湖水地方をイメージしてるらしいです。

963年 渋谷創業のオムライスレストランです。 “イギリス湖水地方の農家のダイニング”をイメージした落ち着いた店内で、バラエティ豊富なふわふわオムライスとやさしい甘みのラケルパンをお楽しみいください。
ラケルオフィシャルページ

すみません!

20代の頃に、湖水地方を一人旅したっけねぇ・・・確かにちょっと薄暗い感じとか、木の重厚な感じが、そうかも。

いや、そんな記憶より、はい、渋谷店のこのお店に、大学生の頃に来た記憶がある、20年以上前の記憶が!

貧乏学生だったので、ラケルはそれなりに高かったようなイメージだけれど、ランチメニューがお手頃でびっくり・・・って、学生の頃は、1,000円超えのランチは、高級だったよね。

ただ、あんまーりお腹が空いていなくて、悩んでいたらこんな誘惑が。

で、フルーツバスケットフレンチトーストにしました。

まあ、一番大きいやつ←お腹空いてないって言ってたじゃん。

ボリュームすごい!

もう、とにかくテンコ盛り!

フレンチトーストが見えないくらいですが、心配しないでください、ちゃんと入ってます。

フレンチトーストのボリュームも、フルーツの量もたっぷりで、満足過ぎてみんなでシェアしました。

こちら、KUKU BRITISH 1,280円、これでスープ付きって言うんだから、嬉しいよね。

ハンバーグオムライスは1,120円!一番人気だそう。

ハンバーグのレトルト感は否めませんでしたが、このお値段でこのボリューム、お腹空いてる若者には、全く文句なし!だと思います。

店内やはり若者率が高く、多少のアウェイ感はありましたが、何せ懐かしくて楽しい時間でした。

ごちそうさまでした!