プレスバターサンド〜どこか懐かしい味だけど思い出せない絶妙な美味しさで見た目がクールな手土産好適行列店

   

最近、マニアックな単品売りのスイーツ店が増えたなと思う櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

そういうの、流行りなんでしょうか。

ということで、こちらもめちゃめちゃ流行っているようです、プレスバターサンド専門店。

オフィシャルページ

AERA:すべて実食! 自慢の手土産。「プレスバターサンド」のバターサンド

あ、ちなみに日持ちは10日間くらいありました。

軽くて、話題性あって、見た目もクールで、手土産にはほんとオススメです。

年末に有楽町丸井で偶然やってた催事がすごかった

昼頃行ったんですけど、商品が一個もないんです。

サンプルが置いてあるだけ。がらーん。

午前中で売り切れてしまったらしく・・・ちょうどダンボールが届いて、商品棚に陳列が始まったところ・・・瞬く間に行列が出来上がりました!びっくり!

こんなよ(笑)

ちょっとした騒動っぽくなってました。

ダンボールが届いた時に居合わせたので、運良く列の最初の方に並べました。

この日に会う大切な友人へ・・・そして、自分にも(笑)

#前の方、一前ん以上買ってたわ・・・。

櫻田は5個入りを2個。

1個200円ですね。

実食!

ケースは薄いダンボールっぽい素材で、オレンジ色のシールがとてもモダンでかっこいい。

インテリアで言うと、インダストリアル系、塩系な感じ。

商品開発もマーケティングも、すごいんだろうな・・。

参考:BAKEが仕掛けた “擬人化したお菓子ブランド” のランウェイ。そのマーケティング手法とは?

気になるサイズは手のひらサイズ。

サイズはこちら。

クールな外観。

はい、サンドされてます。

半分に綺麗に割るのは結構苦労しました。2回失敗。

袋の中に入れたまま割ると、わりと取り出しにくい感じに、ぼろぼろっと割れます。

それだけ崩れやすい、ほろほろなクッキー生地ってことですね。

頑張って綺麗に割った、中身は・・・バタークリームとキャラメルクリーム!

キャラメルクリームは甘くてねっとりと、香り豊かに。

バタークリームは、しつこくないけど、コクのある軽めな感じ。

ボロボロと崩れるクッキー生地、まとわりつき、絡み合う2種類のクリーム・・・あぁ、至福!

行列に、その人気に納得です。

懐かしくて新しい味・・・何かに似ている・・・あれだっ!

ウェブサイトに「懐かしくて新しい、日本を代表するようなおみやげ菓子」と買いてあったのですが、そう、食べた瞬間に何かを思い出して「懐かしい」って思ったんですよ。

櫻田は、キャラメルクリームにはどこか上品で香り豊かな白あんを感じたんです。

うまく言えないんですけど・・・白あん←繰り返しただけ

そして、これがなかなか思い出せなかったのですが・・・クッキー生地は、あの、ピーナッツせんべいだ!あれだあれ!

これこれ!これの柔らかいというか、ホロっとするやつでした。

 

そう、もっと上品に、ホロサクッとさせた感じなんですよ。

ちなみに、こっちの薄くてパリパリの、甘くないタイプのピーナッツせんべいではないですよ。

 

思い出せなかったので、あーすっきりしました。

念のためですが、ピーナッツ煎餅ほどかたくないし、ピーナッツも入ってない、ソフトなサンドなので、プレスバターサンドは年齢高めの方も大丈夫かと思いますよ。

どこか「和」の雰囲気を感じたのは、櫻田だけかもしれませんが・・・それだけ、日本人の舌を把握してる人が作った!ということなのかもしれません。

店舗情報

ということで、味は老若男女にウケる美味しさです、間違いない。

東京・池袋・新宿、その他に店舗があります。

SHOP LIST

期間限定催事情報(1月中は羽田空港にも!)

ぜひ一度お試しください!

 - 美人の手土産