サンドイッチハウスメルヘンの昭和なサンドに心踊る★鮮度・ボリューム・バラエティ・味 全て良し!

   

デパ地下で、新幹線に乗る前の駅ナカで、ずらりと並ぶサンドイッチの断面に、心躍らせたことのある方、いらっしゃいますよね?

エキュートだと、東京・品川・上野にあります!

そう、1983年創業のサンドイッチ屋さん、メルヘンです。

数年前から、やたらに断面がすごいサンドイッチが流行ったりしてますが、こちらは昔から、昭和なかほりを漂わせながら、人生経験重ねた乙女たちの心をワシ掴みして来ました。

この雰囲気、変わらないクマさんのロゴマーク、サンリオ世代に、ドンズバッ!です、はい。

それにしてもいやー、ものすごい種類のサンドイッチが並んでいます。

具のボリュームがすごい!基本、具の方がパンより分厚いです。

下段右から2番目のチキンタツタなんて、厚みがやばくないですか?

もちろんスイーツ系のバラエティも豊富。

右のいちごバナナ、バナナが丸のまま入ってますね、分厚い。

左のピーナッツバターサンド、やばいですよね・・・何ってカロリーが(笑)

みかんパイン!!とか、左の見切れてるあんこ生クリームとか、昭和、ほんと昭和。昭和ばんざーい!

参考:メシ通:サンドイッチ専門店メルヘン。そのこだわりを探る(いろんな種類のサンドイッチが紹介されてます)

ということで、新幹線に乗る前に買って、車内で。

大好きなメンチカツと、一番人気のフルーツスペシャルを。

薄くてソフトなパンに、挟まれた、しっかり厚みのあるメンチカツ。

パンはベチャッとしてないのに、最適な量のソースをしっかり纏っていて大満足。

はさみたて、出来立てですって感じ。

なんでこんなフレッシュな感じ?という謎はまた後ほど。

そして、大きなイチゴのフルーツスペシャル!389円

ソフトなパン生地が、まるで柔らかいスポンジケーキのように感じられます・・・しっとりふんわりで、まるでケーキ。

なんですが、生クリームは甘すぎず、

現在都内に25店舗あるようですが、実は、工場は持たないで、全て各店舗で作っているとのこと!

店内で販売しているサンドイッチはすべて各店舗の店内厨房で手づくりされています。店内の厨房では揚げ物を揚げたり、卵を茹でたり、生クリームを泡立てる工程から行っているそう。サンドイッチのすべてをショーケースのバックヤードでつくっているため、製造して約30秒後には店頭に並んでいるそう!
Precious:「できたてほやほや」で大人気!サンドイッチの名店「メルヘン」の美味しい秘密

なるほど!

すっごい納得しました。

オフィシャルサイト:店舗一覧

皆さまもこの出来立ての美味しさを、ぜひお試しください〜!

 - パン・ケーキ