ケーキ1個じゃ帰れない!★レトロ可愛い近江屋洋菓子店

   

ここに来ると、ケーキ1個のつもりが、どうしてももう1個食べたくなってしまう櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

さて、「近江屋洋菓子店」という名前はご存知なくとも、このフルーツポンチの写真は、どこかで見たことがあるのでは?

著名人からも愛されるお店です。

オフィシャルサイト:「近江屋洋菓子店とは何か」(ファンからひとこと)

このフルーツポンチをお土産に買ってきてくれたことがきっかけで、バッハ君とこちらに訪れたのが2013年のこと。

近江屋のレトロケーキ3個で上機嫌
#2個どころじゃない、3個食べてるじゃん・・・

 

で、この度秋葉原に用事があったので、一駅足を伸ばして、久々に訪れてみました。

外から見ると「やってますか?休みですか?」と心配になってしまうような雰囲気なんですが、大丈夫です、やってます。

ちなみに年末年始以外無休だそうです。

店内相変わらず殺風景です。いい。

 

どこか古い銀行のような雰囲気がします。

レトロモダンな感じ。

 

インスタ映えしそうなイチゴのケーキにも心惹かれましたが、この旬を感じるイチジクのタルトが美味しそうで!

あぁ、てんこ盛り!

確か600円。

素朴なタルト部分もさることながら、フルーツの美味しさはさすが!

オフィシャルサイトには、その日入荷した季節のフルーツがアップされたりしてます。

 近江屋洋菓子店は季節の素材、そして新鮮さをもとめて毎日、店主が市場で直接仕入れる店です。近江屋の菓子は「わっ、きれい」とか、「カワイイ!」というものではないかもしれません。焼きっぱなし、切りっぱなしの菓子です。リーズナブルだけどチープではないものを、気楽に買える。子供たちが冷蔵庫から手づかみでかぶりつくところを考えて、材料は最高のものをおしげなくふんだんに使います。工場のオーブン、ミキサーなど最高のものを導入しています。そして職人たちにおごりはありません。

オフィシャルサイト

 

さて、喫茶はドリンクバーの利用が必須です。648円です。

こんな可愛いカップを渡されます。

 

渡されたカップを手に、ドリンクバーコーナーへ。

ちなみに、おかわり用のカップは沢山用意されていますので、味が混ざってしまうことはありません。

まずは果物屋さんの本物のフルーツジュースを味わいます。

ストロベリーとメロンを頂きました。

今まで飲んだことのない、果物の味が本当にするジュース。

砂糖は入っていないと思います、イチゴの酸っぱさと香りを堪能。これが絶品!

シロップも置いてあるので調整できます。

メロンは濃厚な甘みを感じながらも、のどごし軽くすっと飲めて、はい、ストロベリー同様、香りが口の中に広がります。

これが飲み放題なんて、680円、安いです。

しかーも!

ビーフ&ベジタブルスープも飲み放題!

 

野菜たっぷり!

 

しかも、お肉もゴロゴロ浮いていて、スープばっかり、ではありません!

あったか優しい、昭和の味です。ほっとする美味しさ。

惣菜パンも販売しているので、それとお昼ご飯にされている常連さんぽい方もお見かけしました。

 

紅茶コーヒー類はもちろんのこと、こんなホットドリンクも。

 

さらにさらに!かき氷まで用意され、イチゴのシロップと、小豆の2種類のソースもありました。

こんなバラエティ豊かなドリンクバーが必須となれば・・・そりゃぁ、お店の回転悪くなりますよね・・・。

平日の16時頃だったので、空いており、カウンターでゆったりとしていたら・・・

 

もう一個ケーキが食べたくなって・・・300円の可愛いショートケーキを追加してしまいました。

ごちそうさまでした!

美人の頂きもの★近江屋のフルーツポンチ

 - カフェ・レトロ