瀟洒な洋館で充実のアフタヌーンティー@ラ・メゾン・キオイ赤坂プリンスクラシックハウス★一休経由で無料スパークリング♪

赤坂プリンス・クラシックハウスの瀟洒な洋館にある、レストラン「ラ・メゾン・キオイ」のカフェで、念願のアフタヌーンティーをして参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

雰囲気も、お席も、スイーツも、ドリンクも、一休特典の無料シャンパンも、最高でした♪

一休:ラ・メゾン・キオイのオトクな予約プランを探す

瀟洒な洋館 赤坂プリンス クラシックハウス

ビルの間に、取り残されたように構える洋館、赤坂プリンス クラシックハウス。

1930年、この紀尾井町に国の要人であるご家族の邸宅が建てられます。
そして1955年に赤坂プリンスホテルの始まりの場所として生まれ変わりました。
赤坂プリンスクラシックハウス:コンセプト

永田町からも、赤坂見附からも微妙に遠い上に、特に赤坂見附側からは、複雑なエスカレーターで4階まで上がるとたどり着く!という難しいつくりになっているので、ご注意ください。

庭は真夏なのでバラは咲いていませんでしたが、秋になれば美しく庭を彩るのでしょうねぇ。

紫外線など気にせずに、この庭でアフタヌーンティーしたいわ~。

入り口も素敵。「旧館」のフォントもグッときます。

カーペットの色合いとか、タイルの模様とか、天井まであるグリーンとか、照明とかもう、全てが好きーーーっ!

友人曰く「どこかの避暑地の洋館みたい。」その通りですね~。

日差し降り注ぐLa Maison Kioiのカフェ

通して頂いたのは、こちらのカフェエリアの一番奥の特等席!

半円になっていて一面窓のエリアで、窓沿いが造り付けのソファーになっている、優雅な空間です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラメゾンキオイ(@lamaisonkioi_barnapoleon)がシェアした投稿

最高の席をありがとうございました♪

アフタヌーンティーするなら、やはり窓際がベストだと思います!

無料スパークリングワイン(一休平日予約特典)で乾杯!

平日って特典があるから嬉しい!

しかも、ワイナリーが作ったという、ノンアルコールもスパークリングドリンクも用意してくださってます♪

女3人で、乾杯♪

ホテルのATだと、シャンパン付きは6,000円越えしちゃったりするから、正直大変嬉しい☆

一休でもオフィシャルと同じお値段ですが、4,950円(税サ込)
平日14:30以降の予約は、スパークリングワインが付く&窓際確約プランが!
&どんな予約でもポイントが付くのも嬉しい♪

一休でラ・メゾン・キオイのオトクな予約プランを探す

クラシックアフタヌーンティー「オータム」

そして、3人分が3段トレイで登場!

記憶の限りですが解説いたします!

3段プレート(冷菓子&マカロン/ケーキ3点/お料理3点)

上段:冷菓子とマカロン
巨峰ナガノパープルのパンナコッタ・ピスタチオのマカロン
そして、エディブルフラワー。

下段:お食事類
キノコのキッシュ・卵サンド・かぼちゃのエスプーマ(冷製ポタージュかな)

中段:ケーキ類
イチジクのタルト・チョコレートケーキ・和栗のモンブラン

イチジクのタルトがもう、キラッキラでさ、美しいのなんの!細かい装飾ですよね。

ミニサイズだからと手を抜かない、むしろ、その小さな世界だからこその美しさ、美味しさに、痺れます。

スコーンはクランブル乗せ!

お料理プレートが、比較的量少な目ですが、クランブルの乗ったスコーンが別皿なので、ボリューム結構あります。

しかも!

#プレーンとクランベリー。

そう、スコーン生地の上に、クランブルが乗った、完成度の高いスコーン!甘党感涙!

さらに、ベリーのジャムと、バターかな?クロテッドクリームじゃなかったような気がしました。

ジャムやクリームがなくても、十分満足なのですが!

ちなみに、コロナ期間、スコーンのレシピが公開されていました♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラメゾンキオイ(@lamaisonkioi_barnapoleon)がシェアした投稿

ドリンク

の写真が、最初のシャンパン以外ないっ・・・。

お喋りが楽し過ぎて、メニューも、ドリンク自体も、撮影し忘れてしまいました。

一休には、ドリンクメニューは以下の記述がありますが、

<2時間フリードリンク> ※L.O.30分前

■紅茶
・ダージリン
・アールグレイ
・ジャスミン
・ディンブラ
・カモミール
・シーズナルフレーバーティー 等

■コーヒー
・エスプレッソ
・コーヒー
・デカフェ

紅茶も珈琲も、もちろんアイスOK。

ホットカフェオレもOKで、ラテアート付きでした。

また、オレンジ・クランベリー・グレープフルーツ・あと、何かもう一種類のジュースも選べました。

アイスは細身のトールグラスで。

ホットティーは小さめのティーポットでサーブされて、2杯弱分くらいです。

もちろん飲み替え自由でした。

ホテルに比べると若干選択肢が少ないですが、あんなに茶葉の種類があっても、正直よく分からないですよね(笑)

アフタヌーンティーとしては、十分に満足できるバラエティだと思います。

#+1,100円でシーズナル飲み放題セット、+1,650円でバブル飲み放題セット
アップグレードが可能です。

レストラン情報&お得な予約方法とお値段

オフィシャルサイト:赤坂プリンスクラシックハウス

この中のレストランが、La Maison Kioiで、そのカフェでのアフタヌーンティーとなります。

オフィシャルのアフタヌーンティーのページはこちら「アフタヌーンティー」ですが、情報量が少ない。

Afternoon Tea Set
※受付:12:00-16:00(L.O90分/2時間制)
4,500円(税込+サービス料10%)

基本的には、オフィシャルとお値段が変わりませんが、
予約を一休経由にすると、かなりオトクです!

・平日14:30以降の予約ならスパークリングワインが無料で付く&窓際席確約
・通常の予約でもポイントが付くのでおトク!

一休:ラ・メゾン・キオイのオトクな予約プランを探す

前回は、さらにクラシカルな雰囲気が素敵な、メインダイニングでランチを頂きました。

【2019.05.08】ラ・メゾン・キオイで優雅なランチ@赤坂プリンスクラシックハウスはインテリアも庭も美し過ぎる!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラメゾンキオイ(@lamaisonkioi_barnapoleon)がシェアした投稿

この時も、お得な一休で予約して行けばよかったな・・・。

一休:ラ・メゾン・キオイのオトクな予約プランを探す

ちなみに、アフタヌーンティーマニアの櫻田が自信を持っておススメするのは、帝国ホテルのAT!

帝国ホテルのアフタヌーンティーがやはりオススメな理由★と難クセ2つ