フルーフ・デゥ・セゾン@末広町★そのパフェはもう「フルーツ爆弾」

バッハ君と秋葉原に行き、不要になったPC等を買い取りに出す査定待ちの間に、

隣の末広町にフルーツパフェの聖地がある!

と、思い出した自分に100点をあげたい櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

捨てるはずのPCが6,000円で売れたので、ぱーっとパフェにつぎ込みました♪

夢のよう~♪

フルーツパフェ:2,500円
特性いちごパフェ:2,200円
アイスコーヒー:550円
(以上税込)

末広町の裏路地にひっそりと佇む人気店

人生で一度しか「末広町」で下車したことがありませんが、その「一度」は、この店にフルーツパフェを食べに行くためでした。

【2017.07.26】フルーフ・デゥ・セゾン@末広町でフルーツが溢れてるパフェを堪能!

裏路地にひっそりと佇む、行列必至の人気フルーツパフェ店、フルーフ・デゥ・セゾン!

旧神田青果市場の名残を残す「フレッシュフルーツ&焼きたてパン」のお店だそう。(オフィシャルのお店情報より)

日曜日の12時ころ伺いましたが、1階は満席。

2階に通して頂きました。

 

何このラブリーな空間!

 

この壁紙を背景に写真を撮ると、とってもラブリーな感じに♪

いちごパフェを撮ったら可愛いだろうなぁ~★

メニューはコロナ対策でQRコード読込式

フルーフ・デゥ・セゾン:メニューより

フルーツパフェにするか、イチゴパフェにするか悩んでいると・・・

バッハ:こずちゃんが好きなパフェを2つ選んでいいよ

うぉーーーっ!

特製イチゴパフェと、フルーツパフェをオーダーしました。

フルーツパフェと特製イチゴパフェ

歓声が間違いなく上がるよね、2台の巨大な、フルーツてんこ盛りのパフェ!

しかし、混雑して来て、花柄壁紙背景写真は撮れませんでした、残念!

スポンサーリンク

フルーツ乗せ過ぎフルーツパフェ:2,500円(税込)

やむなく白い壁を背景にしたら、証明写真のような仕上がりに(笑)

すっごいですよね、このてんこ盛り具合!

これだけの量が乗っているフルーツパフェって、ないんじゃないですか?

しかも、底までぎっしりフルーツなんです!

・季節のシャーベット3種
・生クリーム

↓2017年の、1800円だった頃の、フルーフ・デゥ・セゾンのフルーツパフェも十分スゴイんですが

フルーフ・デゥ・セゾン@末広町でフルーツが溢れてるパフェを堪能!

↓ちなみに2017年の果実園リーベルのフルーツパフェ

果実園の華麗なフルーツパルフェ@東京駅キッチンストリート

こちらだって十分スゴイけど・・・今日のフルーツパフェには勝てないっ!

いちご食べ比べ★特製イチゴパフェ

もう一つは、イチゴパフェの一番デラックスな「特製」!

フルーツ食べ比べパフェと言えば、浅草のゴトー↓ですが、

フルーツパーラーゴトー@浅草で本物の「フルーツのパフェ」を頂く

こちらも4種類(メニューには3種類と書いてありました)のいちごの食べ比べができる、いちごてんこ盛りのパフェ!

(名前はうかがったけど・・・忘れてしまった!)

中にもいちごシャーベットが入っています。

・バニラアイス
・ヨーグルトアイス
・いちごシャーベット

いや~すごい量で食べられるか不安だったけど、二人でぺろりと平らげました♪

アイスに添えられたウエハース的なものがない件

寒い中、秋葉原から歩いて来て、2階は暖房があまり効いていなくて、パフェを二人で2台食べていると・・

こずえ:寒い・・(コートを着ながら食べる)

バッハ:こずちゃん、唇が青いw・・・学校のプールで寒がってる女子みたいな顔になってるww

こずえ:なにそれ細かすぎるw(鏡で顔を確認、その通り)→大爆笑www

一般的にパフェって、あまり「冷たくないもの」も入ってるんですよね。

お手頃:「コーンフレーク」的なものやゼリー
高級品:ケーキクラムやタルトやクッキー等

しかし、このパフェにはアイスクリームに添えられたウエハース的なもの、が一切ないんです。

しかも、アイスより冷たいシャーベットが多め。

シャーベットに隣接した生クリームが凍ってたり、刻んだフルーツが凍ってたりして、すっごく冷たかったので、冬に訪れる方はご注意下さい!

しかし、これはこのパフェの素晴らしいポイントでもあるんですよ!

フルーツを味わうための究極のパフェ!

甘いクッキーやケーキの後って、フルーツの美味しさが半減しちゃうって、ありますよね。酸味が強く感じられたり、フルーツの自然な甘みが負けてしまう。

フルーツの酸味・甘みを純粋に味わうことを考えれば、よりさっぱりしたシャーベットや、ヨーグルト系のさっぱりアイス、というのは、理にかなっているのかと。

濃厚な甘いソースも、このパフェには入っていないし、生クリームも軽め・・・なのはきっと、

フルーツ好きのための、
フルーツの美味しさを味わうための、
フルーツのプロによるパフェ、だからこそ!

そんなフルーツパフェを堪能したいなら、是非「末広町」(秋葉原と御徒町の間くらい)へ!

オフィシャルサイト:フルーフ・デゥ・セゾン

 

0