マンダリンオリエンタル★レジェンダリーアフタヌーンティー:高層ラウンジで繊細なお料理を!

   

マンダリンオリエンタルホテル東京で姪っ子とアフタヌーンティーして参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!


景色よし!味良し!見た目良し!サービス良し!

◯ ドリンク飲みかえOK
◯ 高層階景色よし!
◯ 3段+スコーン2種
◯ お料理、スイーツ共に繊細で手が込んでる!
◯ 地下鉄直結アクセス良し
◯ ランチタイムから利用可能

・レジェンダリーアフタヌーンティーがベーシックなAT
・定価4,200円+サービス料13%+消費税8%で5,000円越え

でも、納得の5,000円越えだし・・・一休なら+αの特典付きで3,900円〜あるしね!

一休特典
・1ドリンク付きカウンター席で3,900円税サ込み〜と超おトク!
・窓際指定OK(有料)
・アニバーサリープレートが選択できる(無料)

一休:オリエンタルラウンジのおトクなプラン一覧

櫻田は【窓際確約】1ドリンク付アフタヌーンティーを38階からの眺望と共に【平日15~16時来店】7,444円→4,900円税サ込み

というプランを選びました。

そう、サービスがとても良かったです。さすが一流ホテル☆

マンダリンオリエンタルホテル東京★抜群のホスピタリティ!

日本橋三井タワーの上階に2005年にオープンした、香港に拠点を置くマンダリン系列の高級ホテル。

オフィシャルサイト:マンダリンオリエンタル
オフィシャルサイト:マンダリンオリエンタル東京

やっぱりホテルは一棟まるまるが好きですが(迷わないし)、日本橋の三越前駅直結というスーパー立地の良さを考えればさもありなん。


地下鉄からもエレベーターありますが、これは三井ビル1階の表通りからの入り口。

最初のエントランスがこれっていうのが、ビル上階系外資ホテル(マンダリン・シャングリラ・コンラッド等)の残念ポイント。

しかし、その後の切り替えがいい感じで残念感払拭!

照明を落としてあるブラックでダークなロビー空間で、先ほどまでの「昼間のオフィスビルです」感からのコントラストがむしろユートピア感。さらに、オリエンタルでゴージャスな活け込みで、気分がアガります。


ほうぅ・・素敵過ぎて写真撮らせて頂いたら、ご一緒にお撮りしますよ、と、記念写真も撮って下さいました。

そして、エレベーターを上がると、チェックインカウンターのあるロビーへ。

東京の街並を見下ろす、上階ならではの美しいロビーです。


キョロキョロとしていると、すぐにスタッフの方が駆け寄って来て下さり「アフタヌーンテ・・」と言えば、もう後はお任せくださいとばかりに案内して下さいます。

少し年配のロマンスグレーのホテルマンがそれはまたカッコ良くて・・・こう、ゲーテとかレオンに出てきそうな雰囲気+一流ホテルの重厚感を醸し出されてて、目がハートでした。

名前を聞かれてお伝えし、まずはお手洗いに・・・と、何この素敵な空間!


一面ガラス張りのお手洗い、高級ホテルでよくありますが、うっとりしますよね・・・贅沢。そのまま住みたい。

お手洗いを出ると、先ほどのゲーテなホテルマンが颯爽と「オリエンタルラウンジ」までエスコート&予約の確認をして下さってラウンジスタッフにバトンタッチ。

一度お名前伺ったら何度も言わせませんがな!ホテル一丸となってうっとり体験させますがな!(でも、やり過ぎでもない)って感じで、本当に気持ちよいサービスでした。

いいわ!泊まってみたい!(素泊まり60,000円以上って出ましたorz….)

充実のレジェンダリーアフタヌーンティー

ラウンジはロビーや通りに面していないので、静かで落ち着いた雰囲気。


 

ラウンジ内はお客様も多く、写真があまり撮れなかったので、オフィシャルサイトから一枚。

マンダリンオリエンタル:フォトギャラリーより

 

一休特典のノンアルコールカクテル♪


 

今回は姪っ子のお誕生日祝いで来ました。おめでとうの乾杯!


 

で、運ばれて来ましたドン!

写真お撮りしましょうか?と声をかけて下さいます。


一休から予約すると、Happy Birthday等のプレートを選択することができます。

備考欄にいろいろ書くのって面倒だし、そういうサービスがあるのか不安だし、要求するのも何だし・・・と迷うので、とっても便利で嬉しいです。


 

・こちらがメニューです。


 

一段目!可愛い!超華やか!細かい!繊細!女子好み〜☆


 

くり抜いたきゅうりの上に展開される、この繊細過ぎるスモールワールド!


 

オマール海老のメダリヨンロシア風カリフラワーのクーリと思われるこの一品が特に美味しかったです!


量としては、少々少なめかもしれません、はい。

しかし、一気に食べてしまうと、この後甘いもの続きで途中で苦しくなるので、何か一品、お口直しに取っておくことをオススメします。

 

と、そうこうしている間にスコーンが運ばれて来ました。

手前のレモン風味のスコーンと、奥のチーズの入ったスコーンと2種類。


小ぶりで甘みのあるタイプです。

クロテッドクリームは、マドレーヌ型に抜いてあります。


クロテッドクリームは一つなので、わだかまりが残らないよう(普通残らないよっ)、さり気なく二つに割って自分の分を取り皿に乗せると、相手も心置きなくクリームを使うことができ、良いかと思います。

レモンカードと、ブルーベリージャム。こちらはめいめいお皿に盛ってあるので、取り合いにはなりません(普通ならないよっ)。


 

さて二段目。この焼き菓子達がツボでした。全て素晴らしい!


 

特に、ミニミニ「サン・ト・ノーレ」!


下にパイが敷いてあって、もう、ギリギリ一口の小さな世界なのに、手が込んでます。

 

そして、最上階へ登る頃には、ちょっと甘いもの攻撃に疲れて来るので、ここで残しておいたサンドイッチ系を一口頂くか、コーヒーを入れると、最後まで美味しく頂けると思います。

ま、これくらいじゃないと、アフタヌーンティー来たーっ!って感じしませんけどね。


ケーキの上に膜のようなものが被っているのは(昭和な洋食屋に行くと、たまにこういうビニールクロスが敷いてありますよね!)、ゲランド産海塩のカラメルプリンのカラメルだそう!

うーん芸術☆

お次はこの赤くて丸いかわいいタルトレット・・・


を姪っ子が取ろうとしたら落ちてしまい・・・運良く取り皿に着地したので良かったのですが、見るも無惨な状態に・・・。

でも食べられるから良かったね!と話していたら、この小さな事件に気付いたホテルマンが、すかさずもう一つ持って来て下さいました!

気付いて下さった上に、もう一個サービスして下さって・・・ヒデキ感激!(私の名前はこずえです)

ドリンクはカップで飲み替え自由♪

ポットではなくカップなので、沢山の種類のドリンクを楽しむことができます♪

櫻田的にはこれがベストです。カップで飲み替え自由!



もちろんアイスも可ですよ。

ハーブのアイスティーが、見た目も華やかでさらに飲みやすく、春夏はオススメです。



平日のティータイムということもありましたが、ラウンジにはゆったりとした空気が流れていて、心ゆくまでリラックスすることができました。

マンダリン オリエンタル 東京 オリエンタルラウンジ

オフィシャルサイト:オリエンタルラウンジ

予約はオトクな特典や窓際指定、アニバーサリーオプション等が簡単に指定できる一休がオススメです!

一休:オリエンタルラウンジのおトクなプラン一覧



ちなみに、窓側希望であれば、一休では+500円です。
10年以上前に来た時は、和な雰囲気の丸いスタンドが素敵だったのですが・・・ちょっぴり残念です。

また復活させてくださいっ☆

その他のアフタヌーンティーレポはこちらのまとめ記事をご参照下さいませ。
アフタヌーンティーレポまとめ★主に東京ホテルATマップ
アフタヌーンティーの予約なら、プラン豊富で割引・特典・予約簡単な一休で!


 - アフタヌーンティー