グリル佐久良@浅草で幸せな洋食を-ビーフシチュー&厚切トースト必須

      2017/04/08

バッハ君と浅草散歩に行って参りました、櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!
浅草、好みのお店がいっぱい過ぎて何度行っても飽きない・・・本日は洋食の佐久良さん。

sakura_asakusa1
開店3分前に到着したらこの行列・・・ちなみに、「いつもはこれほどじゃないのよ〜。」と女将。

いいねぇ〜この浅草感!ちなみに、お座敷はないようで、カウンター8席と、テーブル席2つでした。今回はカウンター席に。

sakura_asakusa2
キッチンは若い女性の方がお一人+女将のお二人で切り盛りするこのお店。
あまりに一気にお客さんが入ったため「注文が決まったらメモに書いて渡して下さいね。」と。混雑していたので、特別措置だったようです。

予め調べて食べるものは決まっていたバッハ君、さらさらとリストします。

sakura_asakusa3
程なくビールとサラダ1,100円。忙しく立ち回る女将を前に、いいねぇ、美しい昭和が残っていていいねぇ、と絶賛しながらビールを頂きます。至福。

sakura_asakusa4
調理場が若い女性の方でびっくりしたんですが・・・調べたら先代のお孫さんだそう。そして、一気に入った注文をさばいて行きます。

参考:グリル佐久良 — 浅草の老舗洋食店が奇跡の復活!

そして本命、シチュー2,400円と名物厚切りトースト300円!これは絶対食べてー!

シチューはすっきりとした味わい。酸味や甘みが強過ぎるクセのあるシチューは苦手ですが、これは毎日でも頂きたい、コクのある美味しさ。っつーか肉多っ!

sakura_asakusa5
マーガリンが半分くらいまで染み込んだ(恐らく・マーガリンの風味でした)、やわらかーい厚切りトーストに、シチューを染み込ませては食べ、染み込ませては食べ、そして、やわらかーいお肉が口の中でとろけ、そして染み込ませては食べ・・・。永遠に続いて欲しい幸せ。

なんでしょう、この幸せな気持ちは。何か怪しい物質が入っているに違いない!←入ってません。

そして、海老フライ1,900円。これがね、これがものっすごい巨大でぶっといんです。もう、衣とかで大きさを誤摩化しているようなものではない。素晴らしいぷりっぷりぶり←ぷとぶが多過ぎ このお値段は安いです!

ちなみに、ステーキとかミックスグリルとかフライ盛り合わせ系も、とにかく大きくて皆様歓声を上げられてました。これは他も制覇するために通わねば!

sakura_asakusa6
タルタルソースとの絡みもよし。味のしっかりしたポテトサラダもよし。よし。よし。よし!

シメにガーリックライス600円(やすっ!)と、写真にはありませんが、お新香。あーたまらん!ガーリックライスは香ばしくガツンとしたタイプではなく、女性らしい優しい味。お腹いっぱいなのに、さらさらと入ってしまいます。

sakura_asakusa7
開店と同時に行かないと、並んでしまう(お店を出たら10人くらい並んでいました)し、開店と同時に行くと、出て来るまで時間がかかるかもしれません。

ですが、少しずつ出して下さるその女将の配慮で、一つずつお料理を味わい楽しみながら頂くことができて、むしろ好都合でした。

繰り返しますが、3連休の中日だったこともあり、いつもはこれほどまでに混雑してないのよーと女将は仰ってました。
帰り道、美味しかったねぇ、幸せな時間だったねぇ、と100回くらい言った気がする、本当に幸せな気持ちになれる洋食屋さんでした。素晴らしい。

美しい女将に会いに、先代を受け継ぐお孫さんのお料理を頂きに、また行きます!

櫻田的浅草三大洋食屋(勝手に決めた)一言で言うならば、

ガッツリ:ヨシカミ浅草店で下町の洋食を堪能する! 

好き:グリル佐久良@浅草で幸せな洋食を-ビーフシチュー&厚切トースト必須

上品:グリルグランド@浅草で老舗の洋食を味わう

ちなみに、大宮は別格な気がして外しました。

 - 洋食 , ,