両国相撲茶屋「寺尾」で1,000円ちゃんこランチ★絶品つみれの追加トッピン具はマスト!

相撲を10回くらい観に行っているのに、両国でちゃんこ屋さんに入ったことがない櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

両国には沢山のちゃんこ屋さんがあるのですが、相撲観戦前に、錣山親方「相撲茶屋寺尾」でランチちゃんこ頂いて参りました。

相撲茶屋寺尾

両国駅から2,3分です。

「寺尾」は相撲茶屋 寺尾のオーナーである福薗好政の母の旧姓であり、
オーナーの弟、寺尾関の現役時の四股名でもあります。
オフィシャルサイト:寺尾の歴史

「寺尾部屋」札が下がっていて、相撲ファンの心をくすぐります。

相撲観戦帰りに入ろうとしたことはあるんですが、場所中(相撲開催中)の夜はだいぶ前から予約でいっぱいのよう。

さらに、お昼にはいつも、国技館の地下でちゃんこを食べられるので、ずっとスルーしていました。

しかし、令和二年七月場所@両国では、コロナの感染防止対策で地下のちゃのこ屋も、館内グルメもない!

両国国技館相撲グルメガイド★マストは「ちゃんこ・焼き鳥・ぴよちゃん焼き」スイーツやお弁当も紹介

ということで、人気のちゃんこ屋さんに来てみました。

店内は50席と少な目。

小上がりになったちゃぶ台+座布団席がメインですが、テーブル席も4卓ほどあるようです。

ランチ:サービスちゃんこ鍋1,000円!

らんちは嬉しい1,000円ちゃんこ♪

ランチビール中瓶つけました♪

「トッピン具」ということで、いろいろ追加できます。

おススメは、ひとまず何も追加せず、実際に来たものを見てから追加する方法です。

実際入っているものとカブるものもありますし、忙しい店員さんに説明をお願いするよりいいかなーと。

ちなみに、2人で別々の味を頼んでもOKです。

個別にカセットコンロで来るので。

塩ちゃんこ&しょうゆちゃんこ

櫻田は塩ちゃんこ。

わりとさっぱりな薄味です。

バッハ君はしょうゆちゃんこ。

しっかり濃いめです。

コンロでグツグツ煮て行きます・・・・この間、なにかおつまみをオーダーできるといいんだけどなぁ。

しょうゆちゃんこが食べごろになった図。

塩ちゃんこを取り皿に。

ちゃんこ鍋、美味しくないワケがない!

追加のトッピン具は「つみれ」推し!

お鍋の内容を確認してから、入っていないお豆腐と、つみれをオーダーしました。

で、このつみれがめちゃめちゃ美味しい!(4個分くらい)

市販品のゴムみたいなつみれとは、全く別物。

柔らかくて、ホロホロと崩れ落ちるようなつみれは絶品です。

しっかり味もついていて、骨の部分?も叩いて入っていて、コリコリとした食感も美味。

これはマストだと思います!

シメの雑炊&うどん

シメはそれぞれ、うどん・中華麺・雑炊、から選べます。

櫻田の塩ちゃんこには雑炊、バッハ君のしょうゆちゃんこにはうどんをオーダー。

ちなみに、お鍋の世話はセルフサービスですので、自分で作成します。

塩を適宜追加しました。

お鍋の後はやっぱり雑炊派です♪

うどんはしょうゆが染みて麺がグダグダになった頃が好き!

美味しく頂きました。

相撲ファンにはたまらない店内

カウンター上には、ファン垂涎のサイン入り写真が、わりとざっくりかけてあります。

化粧まわしも飾られていました。

ここでばったり、休場中の阿炎に出くわしたり・・・しないよな(笑)とか思いつつ、バッハ君とずーっと相撲トークして、美味しい楽しい時間でした。

この事件の翌日だったので:休場の阿炎、自宅謹慎へ 芝田山部長「超新人類だね」

お会計

夜は豪華なコースもあるみたい。

いつか、相撲観戦後にちゃんこ屋でコース料理っていうのも、いいな~。

この日の相撲観戦レポはこちら。