昭和なお籠り喫茶「カンタベリーカフェ」で美味しいスコーンを★新宿地下ハルチカ入口

新宿に用事があったものの、地下で迷子になった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ほんとリアルダンジョン、恐ろしいです。

どうにかたどり着いて用事を済ませ、お友達と一息入れようと、再びダンジョンでうろうろしていたら、ド派手な「食堂酒場 ハル★チカ」(小田急ハルク地下飲食店街)のエントランスが。

お昼過ぎでしたし、お酒じゃないんだよね・・・と、喫茶店らしきものがチラ見え。

24席のこじんまりとしたカフェ「カンタベリー・カフェ」がありました。

屋根裏部屋のカフェ、みたいな感じで、階段下のスペースに無理やり作った感はあるのですが、それがむしろお籠り感出してていいです。

ただ、狭いスペースで「喫煙可」なので、嫌煙家の方は要注意です。

懐かしいテイストのコースター。

昭和50年代的なかほり・・・

3ブランド舗経営されてるようですね。

株式会社テリオ

「マンハッタン店」の存在にびっくりしましたが、「新宿小田急マンハッタン店」でした(笑)

カップはクラシックで素敵。

サンドイッチセットやトーストセットには、サラダかフルーツがつきます。

ミックスサンドセット、ボリュームがあって、ドリンク付きで1,000円ちょいくらいだったと思います。

4枚切り?の厚切りトーストセットは、その厚さのジャムの大量さにびっくり(笑)

櫻田は、スコーン&マフィンセット、800円くらいだったと思います。

スコーン2個、マフィン2個、どっちも1個ずつ、から選べます。

ホイップクリームと、マーガリンと、ジャム、どれもたっぷり過ぎて食べ切れませんでした。

スコーンは小ぶりながら、なかなか本格的なボソボソ具合←褒めてます、スコーンはこうでなきゃ で、レーズン入りで気に入りました。

この価格でクロテッドクリームは求めてはいけないだろうけど・・・そうだったらかなりの高得点です。

あまり期待していなかっただけに、満足度高いひとときでした。

ケーキもこの規模の喫茶店にしては種類豊富でびっくり。

どれもとても美味しそうでした。

店内はまったりとするおひとり様も多く、適度なおしゃべり声が漂う、なかなか居心地の良い喫茶店でした。

いやでも、タバコが苦手な方は立ち入り禁止ですけどね。