ウワサの「生モンブラン」雪崩るマロン&生クリーム!★カフェ&ブックス ビブリオテーク 有楽町

Go to Eatでケーキを頂いて参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

食べログでのポイント付与は終了しています。残すは一休レストランGo to eat案内)のみか!

インスタ映え確実なオシャレカフェ

いつか入ってみたいと思っていた、有楽町ルミネ1の、3階にあるカフェ。

以前はもっと、雑貨や本が販売されていて、こざっぱりしたヴィレッジヴァンガード的な雰囲気だったような(入ったことなくて外から見ただけ)

いつだったか女の子ウケ120%原宿表参道な外観に変わり、雑貨はあまりなくなったようです。

店内は水色をアクセントカラーに、ちょっと北欧風なインテリア。

本は完全に飾りですね。

ヘリンボーンの床もオシャレです。

オシャレカフェ必須の、葉っぱや果物が入ったウォーターサーバーも、やはりオシャレに置かれています。

「生」モンブラン!

そして、ウワサの「生」モンブランを!

ドリンクセットで、1,650円+税です。

あ・・・いや、このモンブラン、ドライアイスでもく~ってのも一つのウリなんだけど。


20秒くらいかな・・・・30秒持たなかった・・・・なので、撮影できず。

悔しいから、加工して再現したっ!

水切れ?じゃないんだけど、なんか上手くワークしてませんでした(笑)

美味しく食べていただきたいから、お召し上がり期限はアイスミストが消えるまで。「できたて」「しぼりたて」でしか味わうことができない豊かな香りと食感をお楽しみください。オフィシャルサイト

「30秒で食え!」ってことじゃないと推測されるので、やはり本来、数分は持つ設計だったと思うんです。

コップの水を上からかけたら復活したかな?と思うけど、モンブランが乗ってる時は、怖くてお皿を持ち上げられなくて。

(深皿にドライアイスと水が入っていて、その上に平らなガラス皿があり、その上にモンブランが乗っている)

しかし、ドライアイスの演出は楽しいけど、一人カフェで選択するメニューじゃないわね。

歓声をあげてもひとり、みたいな。

是非、新しいもの、可愛いもの好きの女子と連れ立って来ましょう。少人数でね。

そして、なぜ「生」って、そんなヤボなことはあまり考えずに、頂きましょう!

“生”モンブラン
上品な香りと豊かな味わいが特徴の「和栗」でつくった「和栗モンブラン“生”クリーム」をたっぷりトッピング。ふんわりとエアリーな“生”ムースが和栗の美味しさを更に引き立てます。とことん“生”にこだわったプレミアムな『“生”モンブラン』

とろっとろの、ふわっふわの、柔らかいマロンクリーム、生クリーム、スポンジケーキが、雪崩のように崩れそうな感じです、美味しい!

柔らかくて、口のなかでも雪崩て、三位一体でお口の中で混ざり合う食感ったらもうっ!

あっという間に完食です。

そして、めちゃくちゃ甘い♪ ので、満足感も十分。

モンブラン好き=甘いもの好きだと思いますが、これは食べて損はないと思います。

甘いものが苦手な方は、お引き取り下さい。

メニュー全部

2020年11月にお店にあったメニューを撮影しました。外税です。

イチオシは新発売のクリスマスバージョンモンブラン。

普通のモンブランは定番人気だそうです。

ケーキセットも美味しそう!

そして、最後まで迷ったのは、この「生ミルキークリームパンケーキいちごバターソース」

インスタ映え間違いない!

でも、気持ちがモンブラン!と叫んでいたので、モンブランにしました。

また来ます!

他のパンケーキもほんと美味しそう。

そして、ドリンクセットにしても、泣くほどは高くないのもいいです。

これだけの内容で、この価格、立地、雰囲気は、結構良心的だと思います。

女子の心をガッツリ掴む、こんなスイーツセットも。

ケーキセットも大変美味しそうです。

ちなみに、セットのドリンクはこちらで、限定のクリスマスドリンクが↑上の写真です。

ドリンクは、有楽町価格です。

男性ランチ客もちらほら。

これ↓ならOKですね。

カフェ&ブックス ビブリオテーク 東京・有楽町

オフィシャルサイト

商業施設の設計などを手掛けるCPCcenterの運営。

・Tポイントが貯まる食べログ予約:カフェ&ブックス ビブリオテーク 東京・有楽町