念願のビストロ ブノワ (benoit) @表参道 でディナー

   

先日、お世話になっている目上の女性の方と、
ずーっと行きたいと思っていた表参道にあるブノワでお食事をしました。

「BENOIT(ブノワ)」は100 年にわたってパリで今も愛される老舗ビストロの名前とエスプリを受け継ぎ、
2005 年に青山にオープンしたアラン・デュカスのビストロです。

http://www.benoit-tokyo.com/restaurant/

■ 櫻田はビストロという響きに弱い生き物です

「ビストロ」とか「洋食」っていう類いが好きです。
ちょっと下町っぽいというか、大衆食堂っぽくって、敷居が高くない感じ。

ビストロって本来フランスでは・・・というのは置いといて、
日本ではちょっと価格高めのフレンチっぽい店でも、ビストロと言っていて、
表参道のブノワは、大衆食堂と言うより、
敷居がちょっと高めのフレンチレストランって感じでした。

で、パリのブノワは、もっと高級フレンチっぽくもあり、
ビストロっぽくもあり、いずれにしろかっけー!
http://www.benoit-paris.com/
サイトから英語で予約も入れられるらしいです。
万が一パリに行く事があったら、行ってみよ♪

口コミ情報
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187147-d695185-Reviews-Benoit-Paris_Ile_de_France.html

そう、ビストロって、なんだか響きがカッコいいのよ(笑)
だから、多分、カッコ良ければそれでいいんだわ←多分違う

 

■ 入り口は10階・わざわざ階段を上がって・・・

場所は表参道のビルの10階。
エレベーターで上がり、ガラス張りのキッチンを抜け、

benoit9

ドラマチックに階段を上がって行くと・・・

benoit7

#この写真はお手洗いに行った時、の夜のものですが

きゃぁ、素敵〜☆モダンでオシャレで、きゃぁーーーーーーっ☆

これはデートにいいですぞよ!
#南仏の邸宅を彷彿させる店内、だそうです(お店談)

benoit1

この階段上がった時に窓から見える景色と、
店内を一望したときのわーって感じ、を味合わせるために、
わざわざ階段を上らせるのかと。

今回、平日17:30待合せだったので、店内貸切り状態♪
六本木、渋谷、新宿が見渡せる、ガラス張りのモダンなレストランでした。

benoit2

 

■ メイン2品のプリフィックスコース!

窓際の席で、まずは泡!(写真なし)

ソムリエさんがとても親切で気さくで良い方で、
グラスワインをいくつも頂きました。どれも美味しかったぁ←語彙が足りない
あぁ、ワインの勉強・・・・←言うの何度目だよ

まずは前菜、サラダ・ブノワ(ブノワサラダ、ではない)
サラダと言えど、砂肝とか、フォアグラとか、豚とか、めっちゃボリュームたっぷり。
ランチなら、これとパンだけでも十分かもしれません!

benoit3

写真がないんですが、そのパンも美味しいの・・・。
外はカリッと、中はふんわり・・・。
でも、食べ過ぎるとお料理が食べられなくなってしまう・・・という葛藤。

メイン1品目はエビとホタテ。ふわっとそして香ばしく。
さらに、甘く味わいのある野菜がたまらん。

グラスの左に丸いプチシュークリームみたいなのがあるのですが、
これが最初にサーブされたアミューズです。
チーズが練り込まれた塩味のシュー?だったかな?
スパークリングワインに良く合いました。

benoit4

これに合わせて選んで頂いた白ワインが美味しかったな・・・
名前聞いておけばよかった・・。

2つめのメインは牛肉!
あ、記憶があまりない・・・ここら辺一番酔ってました。

benoit5
お待ちかねのデザートはミルフィーユ♪

軽いカスタードクリームに、これでもかっ!と積み重ねられたフィユタージュ!
サクサクっていうか、パリパリっていうか、ホロホロっていうか。
どっちも軽いから、ゆえに素敵ハーモニー♪

benoit8

ペロリと頂いちゃいます。

最後のコーヒーには、小さな焼き菓子も付いていて、
大満足というか、お腹いっぱいの夜でした。

■ ブノワ (BENOIT)

・オフィシャルサイト
http://www.benoit-tokyo.com/

・食べログ

・お手洗い情報

階段を降りた所にあります。
こちらは、何と言うか、ベルサイユ的(?)ガーリーインテリア!
女子度高い造りとなっております。是非!

benoit6

・本日のお会計

ブノワに直接予約するのも良いですが、
一休レストランを挟むと、ちょっとだけおトクになります。

ブノワ直
9,828円税込 (前菜 + メイン2品 + デザート + コーヒー・小菓子)
http://www.benoit-tokyo.com/menu/

一休レストラン経由(ビストロ・ブノワ・プラン一覧へのリンク)
9,500円税込 (前菜 + メイン2品 + デザート + コーヒー・小菓子 + スパークリングワイン)

スパークリングワイン(恐らく1杯972円のもの)がついて、
さらに300円安いんだから、一休を選ばない理由がありません。

ワインは御任せのグラスで3、4種類。
2人で10,000円越えた位でした。

・美人度

美人に見える度★★★★★
セレブな気分度★★★★☆

いやぁ、いい雰囲気でした!
美人に見える度、5点出しちゃいます。

適度に抜けのある、でも、しっかり上質なインテリア。
気さくで、でも、しっかり知識のあるソムリエさんや店員さん。
高級フレンチ程テーブルの間隔は空いていないけど、
ゆえに、リラックスカジュアルで、長居してしま・・・

・・・こんなに長い時間、一つのレストランで過ごしたことあったっけ?
と考えちゃうくらい、長居してしまいました・・・ごめんなさい。
雰囲気も良かったし、何より、楽しいお話が尽きなくて・・・。

ブノワさん、素晴らしい料理とワインと時間を、ありがとうございました!

 - フレンチ