分かる人に贈りたい〜東京會舘のプティフール〜

      2017/10/30

先日ボブ美人さんから頂いた東京會舘のお菓子。
食べ物ブログを見て下さっていて、
「櫻田さんなら好きなはず!」
と選んで下さったという、とても嬉しいプレゼント。

tokyokaikanc1

東京會舘は大正11年創業で、財界人や著名人が集う社交場として創業したそう。
伝統のある格式高い場所なんですね。

東京會舘
http://www.kaikan.co.jp/

華々しいホテルやレストランが多い有楽町〜丸の内エリアで古くて地味な存在だけれど、
そのレストランは日本橋高島屋のレストランにもあるし、
格式高い場所でOEM的にやっている所が沢山ある。
東京會舘でのお料理教室も実は気になっていたり。

東京會舘と言えば、マロンシャンテリー。
そう言えば、第一回毛穴パーティーの第二部は、
東京會舘で開催して、マロンシャンテリーを頂きました。懐かしい!

第一回毛穴パーティーレポ
http://keananobaka.com/blog-entry-287.html



その東京會舘伝統の「プティフール」
チョコレートケーキと半生なクッキーが一種類ずつ入っています。
小さいながらも、ぎゅっとした感じ。正に櫻田好みそう。

tokyokaikanc2
#最初はレポするつもりはなかったのだけれど、あまりにも美味しくて急遽撮影したため、残り少なくなっております。

見た目はレトロっていうか、昭和です。
この絞り出しクッキーの形、真ん中の赤いやつ、チョコスプレー。

まず、クッキーから。

tokyokaikanc4

ほろほろと崩れ落ちそうな柔らかいクッキーというかケーキのような生地に、
ふんわりとコクのあるバタークリームが挟んであります。
一口で十分満足してしまうような、濃度の高いクッキー!
甘いだけでも、どっしりしてしつこいのでもない、不思議なコク。

美味しいです、これは美味しい、美味しいです。

ストレス溜まってやけ食い!とかで絶対食べてはいけない。
美味しいコーヒーを入れて、そう、紅茶じゃなくて、コーヒーが合う。
コーヒを入れて、一粒を存分に楽しむ、そんなクッキーです。

ま、同時にチョコレートケーキも食べますけどね。

tokyokaikanc3

あうぅ・・・。何を語れと言うのでしょう・・・美味しい。
ブランデー?の香りのする、しっとりとしたフルーツケーキ生地に、
香り高いチョコレートでさらに濃厚に。

そうなんです、どちらもとっても濃厚。
はい、もんのスゴイ櫻田好みです、ありがとうございます!
日頃甘いものにそれ程コダワリのないバッハ君も、これは美味しいねと申しておりました。



手土産を買う時の気持ちを正直に申し上げましょう。

まず何と言っても「コスパ」を重視ししがちです。
この値段には見えない!という大きさとか量とか、ブランド名とか、
分かりやすく、投資した額に対し「高そうな感じ」レバレッジの効く感じを求めます。

さらに「見た目の華やかさ・流行モノ」
パッケージやスイーツそのもののデザイン性。最近ウワサの・・・的な。

味は確かに重要だし基本的にそこは守るけれど、
小さくて地味なお菓子って、
よほど美味しいものじゃないと手土産には選ばないかも。

パッケージがどーんと大きい訳でもない。
価格の割に個数が多い訳でもない、むしろ結構少ない。

しかし、スイーツがお好きな方であれば、間違いなく、
「美味しいものを頂いた!」という驚きと喜びに満たされる。
えぇ、これは「よほど美味しいもの」です。

あ、甘いものがお嫌いな方には全くお勧めできませんけどね。
これは大ヒットです。ありがとうございました!



東京會舘伝統のお菓子
http://www.kaikan.co.jp/shop_service/sweetplaza/traditional.html

プティフール通販(半生だからか、楽天とか他の通販はやってないみたい)
https://www.tokyokaikan-shop.jp/products/list.php?category_id=10

三越や日本橋にもあるそうですが、基本東京だけみたいです。
http://www.kaikan.co.jp/shop_service/sweetplaza/shop.html

あぁ、マロンシャンテリーまた食べたくなったわー。

ちなみに、最近立て替えた、皇居そばのパレスホテルは、
東京會舘から分離独立したそうです。

 - 美人の頂きもの