リンツショコラカフェ@銀座 リエジョワにうっとり美人

      2017/06/23

会社の同僚を誘って、かねてよ行きたかったリンツショコラカフェへ。
スイスの高級チョコレートブランドによる、チョコレート好きのためのカフェ・・
それだけでよだれがたれます。
注:美人はよだれをたらしません

lindt2

リンツショコラカフェ
http://blog.lindt.jp/
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13110504/

lindt1



リンツはスイスの有名なチョコレートブランドです。
この写真を見れば、あー、あれね、と思われるはず。

lindt5

1845年にスターとしたスイスのチョコレートブランド、リンツ。
その昔、チョコレートはドリンクとしてのチョコレートしか知られていなかったそう。
固形化する技術が発達し、さらに固形化したチョコレートに、
とろりとしたチョコレートを閉じ込める、という、このお馴染みのチョコレートが誕生。
歴史あるチョコレートブランドなのです。

お店は内装も美しく高級感もありますが、店員さんにゴージャスな方もおらず(笑)、
さらにソファー席はファミレスのようでもあり、気軽です。
美人がくつろぐ空間としては若干物足りないか?

lindt3

メニューはこちらから
http://blog.lindt.jp/cafemenu/



お友達と頂いたのはこの2つ

・ショコラ・グラッセ・リエジョワ
(1,550円)
底にカリカリのヘーゼルナッツのクルスティヤン、真ん中には70%カカオのダークチョコレートのやわらかいアイスクリームを、その上にバニラの香りのこの上なく軽いクレーム・シャンティイをあしらい、アーモンドのヌガティーヌとリンツのチョコレートをデコレーション
http://blog.lindt.jp/cafemenu/2007/

櫻田はこちらを頂きました。
なお、「この上なく軽い」という表現にウソはありませんでした。

・モカ・グラッセ・リエジョワ
(1,550円)
底にカリカリのヘーゼルナッツのクルスティヤン、真ん中には70%カカオのダークチョコレートのやわらかいアイスクリームを、その上にコーヒーの香りのこの上なく軽いクレーム・シャンティイをあしらい、カカオパウダーとコーヒービーンズ、リンツのチョコレートをデコレーション
http://blog.lindt.jp/cafemenu/2015/

lindt2

さすがだなーと思うのは、生クリームと、とろりチョコレート本体と、
サクサク部分が、チョコレートで区切られていること。

それを打ち破って三身一体となった絶妙なハーモニーを愉しむ喜びと来たらっ!

まず一口目の生クリームが、ふわっと空気を含んだ、
雲のようにかる~い食感(雲食べたことないけど)でありつつ、
コクがあって、さらに適度な甘み!

そして、お待ちかねのチョコレート本体に突入。
かる~い生クリームと濃厚なチョコレートがたまらないっ!
チョコレートが濃厚と言っても、べったりどっしり来るような濃厚さではなく、
濃度もとろりとしていてストローで吸いたいくらいでしたし、
チョコレートドリンクに近いです。

もう、とにかくおいしいんです!!チョコレートが!
ちなみに、甘さ控えめとかではなく、ちゃんと甘いですw

で、トッピングされたアーモンドのヌガティーヌやチョコレートで、
ともすれば飽きてくるチョコレートドリンクに、
すばらしいアクセントをつけてくれます。

ちなみに、ヌガティーヌは、チョコレートとミックスではなく、
生クリームとのコンビが一番美味しいです。

そして、チョコレートの境界線を突破してスプーンを底までぶっ刺すと、
カリッカリ、サクッサクの、「ヘーゼルナッツのクルスティヤン」
超美味しい高級グラノーラ(失礼)ですわ。クルスティヤンという発音・表記もセレブです(笑)

最後にチョコレートドリンク部分が残り、スプーンですくうのが億劫で、
思わず二人でグラスをあおってしまいたくなりました。
注:美人はグラスをあおりません



さらに、20代半ばのお友達はマカロンを食べたことがない!!と言うので、
ここはお姉さん風の吹かせどころ、櫻田からのプレゼントということで1個ずつオーダー。
マカロンを選ぶ作業は、本当に楽しいですよね♪

っていうか、チョコレートパフェからのマカロンってw
女子の胃袋は、甘いモノには底なしなのです♪

lindt4

#リンツではマカロンのことをデリースと呼ぶらしいです。
http://blog.lindt.jp/cafemenu/691/
全種制覇したくなるのが女子です。



店内はもちろんテイクアウトも豊富です。
そのケーキの美しいことと言ったらもう!
おすすめは「リンツ・ショコラプリン」小さいながらも価格は500円と生意気!

lindt6
http://blog.lindt.jp/cafemenu/617/
その日は18時位でしたが、すでに売り切れていました。。



「これからお友達とショコラカフェに行くの。」

そんな台詞から想像するのは、やはり美しい人♪
その響きだけでも女子力が上がりそうです。

まぁ、チョコレートの食べ過ぎでニキビが出来そうだし、
イケメンウェイターはいなかったし(ごめんなさい)、
立地も銀座と言えども新橋の方が微妙に近い裏通り。

が、雰囲気も一般チェーン系喫茶店に比べたら美人に相応しいですし、
外国高級ブランドっていうのもそそられますし、
行ったことがあると、ちょっとエバれるお店かも!
二子玉川や吉祥寺などにもお店はあるようなので、チョコレート好きなら是非!



この限定メニューが食べたいので、櫻田は再び会社帰りに寄るつもり♪
どなたか一緒にいきましょう~。

リンツ・アフタヌーンショコラ
http://blog.lindt.jp/news/3681/

なんでもアフタヌーンティー仕立てにすればホイホイOLが寄ってくると思うなよっ!(汗)



美人に見える度★★☆☆☆
美人になれる度★☆☆☆☆
セレブな気分度★★★☆☆

 - カフェ, パフェ