旬香亭@目白〜伝統の洋食店でメンチカツを!〜

スポンサーリンク

洋食大好き櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

洋食好きならどこかで聞いたことがあるはず・・・「旬香亭」しゅんこうてい、という名前を。

昔何かの雑誌で秋元康さんが食レポされてた切り抜きがありまして・・・その赤坂店はクローズとなり、2012年にオーナーシェフの郷里である静岡に引っ越されたそうですが、2014年にこの目白店がオープンした、という流れだそう。

静岡/目白 旬香亭 ホームページ

洋食好きの友人と訪れた目白駅前すぐの旬香亭は、モダンな、でもあたたかみのあるオープンキッチンを抜けると、それほど広くないスペースに、ゆったりとテーブルが配置された、落ち着いた空間でした。

#夜飲みに期待!ハムカツとか最高だな・・・バッハ君と来たい!カキフライサンドイッチとな!?

全体の写真を撮っていなかったのですが、、雰囲気として香味亭の2階をカジュアルにした感じ←回りくどくて分かりにくいよ。

香味屋で丁寧な洋食を味わう

2面がほぼ窓だし開放感があります。食べログ内観写真 をどうぞ!

ランチメニューはオフィシャルサイトの<こちら>から

 

さて、オーダーした後テーブルに並べられたこの調味料たちの佇まいがそそります!素敵!

スーパー特選太陽ソースは、静岡(オーナーシェフの出身地!)の「富士宮焼きそば」に使われているそう。ソースなのに紙に包装され、「BEST IN THE WORLD」って書いてあったり、只モノではないソースです。

ちなみにウスターソース系です。

最初にやってまいりましたのは、オフホワイトのポタージュスープ(すみません写真はクリーム色ですが)

一年ぶりに会った友達と話が盛り上がり、何のポタージュだったか伺いそこねてしまい・・・じゃがいもだったような。

友人はステーキハンバーグ 1,800円

うーん♡ ってなってました(笑)

 

櫻田は当然、メンチカツとミンチポテトコロッケ 1,400円

 

そうそう、揚げ物にはやっぱりビールだよね、でも、ちょっとだけでいいんだよね・・・な二人にぴったりな、300円のグラスビールがありました。

分かってるなぁ♪

 

わりと玉ねぎ少なめの、肉を感じるメンチカツ!

肉汁はあまり脂を感じない、上品なジュワッと感で、さすが老舗洋食!

うまし!

 

ミンチポテトコロッケは、まろやかな、まるでクリームコロッケのようなとろみのあるやさしいマッシュポテトに、ひき肉の旨味がちりばめられ、カリッとした衣・・・塩で食べるのも良さげな味でした(おしゃべりに夢中で・・・今思いついた)

 

それにしても、この寝グセのようにピピンとハネる衣が♪

 

あ、ナイフとフォークが、見たことあるやつだ!ハチだっけセミだっけ・・。

はい、ハチでした。

おフランス製のラギオール(またはライヨール)製のカトラリー。

残念ながら二人ともひき肉系メニューで、切れ味のよいナイフが活躍する場はなかったのですが、こだわりの洋食店は、ソースやカトラリーなど、細かい部分にもこだわってらっしゃるんだな〜としみじみ。

次は夜に洋食飲みだ!

減圧加熱調理や、シメのオムライス!もチャレンジしたいぞ。

#あ、土曜日のランチは予約で満席でした。お出かけの際は予約を忘れずに!

一休でもコースなら予約できます一休:目白 旬香亭のプランを検索