うまい!朱華園の尾道ラーメン★大きな背脂はあげ玉だと思っていた

   

尾道に行ったら食べなければならないもの、それは尾道ラーメン!

見ただけで喉が乾きそうな色なんですけど・・・・

朱華園は、尾道でナンバーワン(と思われる)の尾道のラーメン屋さん。

当日は日曜日でしたが、ラッキーなことに雨だったので、11:30でも行列はそれほど長くなく、10分ちょっとで席に着くことができました。

えぇ、開店前から行列が基本らしいです。

でも、回転もめちゃ早いんですって。

店内入ると・・メニューはこれだけ。

一番奥は「お献立」中華そばがプレーンな基本メニューで、その隣は「チャーシューメン」です。

店内も外も人・人・人。

入り口でオーダーを受けて会計を済ませ、超手際よく客をさばいていくおばちゃんに、座る席を指示されます。

櫻田はそのおばちゃんの目の前のカウンター席に座りました。厨房が見えて嬉しいー♪

そしてそのおばちゃんの客さばきに感激。

客を客とも思っていないような詰め込み方ではなくて、女の子二人組だからとか、あそこは座りにくいから、とか、なんかいろいろ気を使いつつ、パズルのようにお客さんに席を指示して着席させていく、その手際と心遣いの両立に惚れ惚れ。

好きですって告白しておきました。

なんかはい、ふだ渡されます。

効率化のために、お水はセルフサービスです。

配膳の店員さんの動きにも無駄がなく、回転が早い理由がわかりました。

 

さて、ラーメンにあまり詳しくない、よくわからない櫻田、ラーメンなんて、豚骨か醤油か味噌か、くらいでしょ?と思っていたのですが、何これ初めての味!

すごい色は濃いんですけど、見た目ほどは濃くないんですよ。

濃い、しょっぱいんじゃなくて、コクがある。

そして、ね、甘いんです。なんだろう、このコクのある甘さ。

白砂糖じゃなくて、黒糖的な甘さ。

そして、このおっきなつぶつぶ・・・尾道ラーメンを知らない櫻田は「わー天かす浮いてる」とか言ってお箸でつまもうとしたら、ぐにゃっ、としてびっくりするわ、バッハ君に笑われるわ。

これ全部、背脂なんですね!!!←これ、尾道ラーメンの基本中の基本。お前もぐりだ。

でも、豚骨ラーメンのようなクドさはなくて、「すっきりしてるけどコクがある」が楽しめます。

お好みで背脂も、ずるっと。

あ、そうか、甘みの理由の一つは、背脂かもしれません。あーでも、背脂豚骨の甘みとは全然違うんだよな・・・。もう、お近くにお寄りの際は(ほとんどの方はお近くにお寄りにならないと思いますが)、絶対食べてください!

ちなみに、レンゲはついていません。

レンゲを使わず、ずずっとお皿から飲んでねってことみたい。

豪快にずずっと・・・すると、背脂も集まってきて大変なんだけど、ラーメン食べたー!って感じがします。

ぎょうざもつけてみました。

こちらは普通、かな。

いやー、尾道ラーメン、全然期待してなかったんだけれども、一番店だからこそなのか、本当に美味しかったです。

「回転が早い」というのも納得のシステムや客さばきも印象的で、なんかこう、こんないつも行列の人気店だけど、お客さんを大切にしてるんだな、だからこそ人気店なんだなって思いました。

 - ラーメン ,