くし路KITTE丸の内で丁寧な北海道を味わう★東京駅直結で落ち着いた炭火焼&お寿司のお店

2018年最後の食事は、新幹線に乗る前・・・ということで、東京駅直結、大晦日営業でのお寿司屋さんで、お寿司以外も充実しているお店を探して、こちらくし路(くしろ)さんにたどり着きました。

東京駅ナカの飲食店街も、リニューアル&拡張されてとても魅力的だけど、

東京駅構内の商業施設一覧

混雑して狭いイメージがあって、KITTEなら直結だけどゆったりしてるかなと思って、こちらに。

くし路さんは、北海道に本店を持つ、炭焼き・寿し処ブランドの、東京初進出店舗のようです。

オフィシャルサイト:くし路KITTE店

あたたかな木と、雰囲気のある石で、高級感のあるモダンな内装に仕上げた店内。

カウンターの椅子には、クッションも添えられていました。

とても居心地の良い空間。

席について、あーここにして良かったなって思えました。

まずはビールで乾杯!

2018年の健闘を讃え合いました、まあ、お互いぼちぼちよくやったねw

お刺身盛り合わせ「根室」は3,200円

ひとつひとつが美しく丁寧に盛り付けられていて、均衡が取れていて、目にも美味しい。好きだなぁ、こういうの。

そしてもちろん、食べても美味しい。

ししゃもと、ハラスも食べたかった・・・。

 

ビールの後は、利き酒セット。

少しずつってあるけど、メニューの写真よりなみなみと注がれていて、結構な量。

やっぱり、北海道利き酒セットを。

どれも男らしい、キリッとしたお酒で、バッハ君と違いを味わいつつ。

お魚もいいけど、お肉も食べたい!

ということ、北海道十勝人舞牛(ひとまいぎゅう)。120g 2,780円

 

焼き物は豊富で、魚介のバター焼き系も行きたかったなぁ。メニューが魅力的過ぎます。

塩辛とバターのコンビがたまらん、塩辛じゃがバター、780円

 

最後にお寿司をお好みで握っていただきました。

 

カニ汁がまた豪華で、身もしっかり頂けて、880円♪

臭みのない、旨味だけが凝縮された、美味しいお汁でした。これは超オススメです。

 

ひと段落した後は、毎年恒例、スマホの中の一年の写真を振り返りながら、漬物盛り合わせをポリポリ。

ごぼうが美味しくて、バッハ君がお代わりしたそうでした。

他にもメニューがいっぱいで、胃袋が二つあればいいのに・・・。

季節のメニューも、豪華♪

普通の居酒屋さんよりも少しお値段が高いですが、それは素材と丁寧な仕事によるものかと。

雰囲気だけで高い店、ではないので、オススメです。

一休のお得なプランがありますよ:炭焼・寿し処 くし路 KITTE丸の内店