さぼうる2@神保町でランチ★ナポリタンと名物イチゴジュース

   

神保町の有名レトロ喫茶店「さぼうる」には「さぼうる2」もあることを知らずに並んでいて、後ろのOL2人組の会話から学んだ櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

平日1時前頃、行列出来てます。7,8人かな。


OL1:だーかーらー、ナポリタンは「2」でしか食べられないんだってばー。

OL2:えーうそ知らなかった〜。

櫻田:(えーうそ知らなかった〜、私どっちの行列並んでるんだろう?)

OL2:え〜じゃあ「1」ってどこにあるの?

OL1:隣りだよぉ〜

OL2:うっそ〜〜

櫻田:(ということはここは「2」の行列だな。ほっ。)

・さぼうる:ドリンクメイン
・さぼうる2:スパゲティやハンバーグ等はこちら

2軒あることすら知りませんでした、OL1さん、ありがとう。


向って左手のジャングルっぽいのが「さぼうる」


向って右手が今回訪れた「さぼうる2」です。


 

10分くらい待ったでしょうか、平日のサラリーマン客は回転が早い。

地下の洞窟へ。


ガテンな方や、まあ、まあ部長、ってやってる方々や、若手サラリーマン軍団やら、OLやら、お仕事中っぽい方が90%くらいでした。

これ↓は、13時半頃に空いてきた時。薄暗くて天井も低くて、狭くて、おこもり感が強く居心地がいいです。

営業マンの昼下がりの「おさぼり」にも良さそうです。


 

おひるのメニューはこちら。


#つーか「その他色々」ってwww

さぼうるでは普通サイズで「メガ盛り」なナポリタンが650円!で有名です。

A post shared by 和成 峯尾 (@mine_boy_) on



そのナポリタンにイチゴジュースという、ゴールデンコンビ。

ミーハーなら、この組み合せがいいと思います。

 

しかし、櫻田の胃袋は大変小さく残してしまうこと確実・・・と「少なめ」もオーダーできますとのこと♪

5分待ちませんでした。すぐ来ます。


で、ふと思いました。

「大盛り」なのがウリというか人気のお店で「少なめ」にしたら台無しじゃないか・・・。

ビッグマック肉少なめ一段で、みたいなミスをした気分でした。

酸いも甘いも知った大人の女性なら、捨て身の通常サイズだよな、反省。



さて、お味。

味はしっかりしてるけどしつこくないのは、トマトの酸味が前面に感じられるからだと思います。具はマッシュルームがメイン。

ザ・昭和のナポリタンです。

チーズを振ってマイルドにすると、さらに美味しいです。


口の周りが赤くなるのもお約束。

意外とぺろりと平らげてしまい、やっぱり少なめにしなきゃよかったと、後悔しきり。

お腹苦しい〜ってなるのも、またよろし。



食後はこちらも名物の「イチゴジュース」なみなみと注がれたピンク色は、やっぱり昭和のピンク。

クリーミーマミに飲んでもらいたいです。


甘過ぎるーって程は甘くなく、普通に甘いです。

人工的ではないイチゴの甘さ、香りが広がる、幸せドリンク。

微細に砕かれた氷が入っていて、それが最後まで水っぽさを出さず、冷たさは維持。

アイス混ぜました的な乳製品っぽさは控えめで、シェイク系が苦手な方でもすっきり頂けると思います。

これまた美味しかったです♪



こんな歴史ある喫茶店で「いつもの」とかやってみたいわー。

 

ちなみに、衝撃的だったのは「食卓塩がフタをとられた状態」だったことです。


なぜだろう・・・



ちなみにこの後、三省堂神保町本店で本買いまくり:やっぱりリアル本屋が好き

 - カフェ・レトロ