銀座煉瓦亭★優しい昭和の味と雰囲気を満喫

   

レトロな洋食屋が大好きというか、昭和レトロが何でも好きな、昭和生まれの櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

このエントランス、いい、しびれる。


 

さて、人気の洋食屋さんと言えば気になる待ち時間。

三連休スタートの土曜日、開店11:15の5分前はこんな長さでした。

入り口から左に伸びて、一度折り返してからまた入り口くらい。

席数は110席と食べログにあったので、開店前から並んでいた人は全員入れたと思います。


12時にお店を出た時にも列が同じ位ありました。オオバコなのですぐに回転すると思いますが、12時より少し早めに来た方が良いかもしれません。



さて、今回は地下に通されました。

ちなみに、2階の方がちょっとだけ上質な感じがして、地下はちょっとだけカジュアルな感じがします。(来店は3,4回目で、地下が多い。)

オフィシャルサイト:店内の様子


 

この、調味料セットのレトロ感、ついたての布のシミ感、全てに「歴史」が感じられます。


 

さて、まずはビールで乾杯♪

やっぱり赤星ですね。


 

コーンポタージュとコンソメスープ。それぞれ500円のカップサイズがあるのが嬉しい。


ポタージュは優しいお母さんが作ってくれたコーンポタージュの味。

コンソメスープは椎茸がアクセントになっている、ちょっと和風の味。

どちらも主張し過ぎない、洋食屋さんの美味しいスープです。

 

野菜サラダは、フレンチドレッシングが美味しい!

そして、レタスモリモリ、ポテトサラダもついてボリュームたっぷりです。ホワイトアスパラガスも♪


 

そして、お目当ての葉っぱ型メンチカツ!

葉脈まできちんと入ってます。


 

薄型でカリっと揚がったメンチカツは、メンチカツの醍醐味である、ハンバーグ部分のジューシーさと衣のカリカリとのハーモニーが、どこを食べても超満喫できるのが嬉しい。


しかし、脂っこさや重さははありません。衣も薄目。ジューシーさとバーターになりますが、軽くて食べやすいメンチカツです。

 

バッハ君は「日本のカツレツの元祖」と言う、カツレツを注文。


 

脂身が取り除かれていて、さっぱりとした肉の旨さが引き立ちます。


あっさりしてて、食べ過ぎ注意報です。

 

さらに、特徴的なオムライスをオーダー。


 

東銀座のYOUのような、薄焼き卵に包まれているタイプでもなく、たいめいけんのスクランブル的なのっけでもなく。

卵液をたっぷり含んだ炒めご飯を、オムライス型に形成した感じです。

これは昔懐かし、お母さんの味です!必食!



全体的に「優しさ」を感じました。濃過ぎない、脂っこ過ぎない、奇をてらわない、昔からの普通を守り抜くような。

何度も訪れたい、安定した老舗の名店です。
日曜日お休みなのと、行列出来ちゃうのが、要注意ですかね。

瓶ビール1本付きで7,200円でした。
店内は、昭和で溢れています。何このレジ!そして、さり気なくそろばんが置いてある。

 

1階のお手洗いも、昭和の佇まい。さすがに様式ですが、ヒヤッとする便座でした。


うーん、昭和!

 - 洋食 ,