大内〜刺身と季節を感じる料理が旨い町屋の名店〜

   

町屋に我ら好みの居酒屋さん(割烹?小料理屋さん?)があるということで、行って参りました「大内」。

安定の掘りごたつ席でまずは瓶のサッポロラガー。

バッハ:やっぱりこういう店はサッポロラガーの赤星でしょ・・・でもグラスはアサヒだ(笑)


このお通しが殆ど見えていないのですが・・・柚子が嫌味無く効いたキノコと野菜の和え物で、美味しい。濃くないのに美味しい。

これは料理に期待できる!とアガる二人。

 

まずは、刺身盛り合わせ一人前2,100円。二人前にしなくてよかったよこのボリューム。そして、二人用に用意して下さる心配りが嬉しい。

で、一口頂いて・・・刺身が旨い!


解凍したばっかりでーす的なものはもちろんないし、マグロはちょうど良いトロ具合で、そして大変分厚い

白身が多いのが少し気になりつつも、貝やホタテ等も入っており、どれも身がしっかりしていて美味しい。

櫻田はそれほどお刺身が好きではないし、こだわりもないし、良し悪しも良く分からないのだけれど、ただただ、食べる度に、あらやだ美味しい、ってなりました。

店内に貼ってあるメニューは季節を感じるものが多く、焼きタケノコを注文。


タケノコって焼くとこんなに美味しいんだ!と、軽く感動する美味しさでした。

家で再現・・・は、途方も無く面倒そうなので、これは小料理屋さんでの楽しみにしておこう。

 

で、次。酢の物盛り合わせ。いちいち人数考えて下さっているのか、蟹を除いて二切れずつ。ありがたい。

そしてこちらも素晴らしい♪

何がって、酢のツーンとしたのがなくて、さっぱりしてて、甘みも控えめで・・・物足りなそうと思いきや、出汁がしっかり効いていて、旨いのだよ諸君!思わず飲むよ!飲まざるを得ない!


地味にわかめやキュウリ(台座にされているので後ろに隠れている)が美味しかったです。

 

やたら大きいあさりの酒蒸し。


 

大内揚げ。

ここの看板商品なんですね。魚のすり身と山芋的な?アッツアツをハフハフしながら頂きました。レモンをかけるだけで、シンプルに食べるのが美味しい。


 

ブリの照り焼き。ロースターとか使ってるんですよね、きっと・・うちの火力の弱い魚焼きじゃ無理だよな・・・この、外はカリッと、中はほっくり、タレじゅわーっ・・・。

全体的に味付けが薄目で、居酒屋ではなく、割烹・小料理屋を感じます。甘辛で誤摩化しません。


 

メニューは揚げ物のバラエティが豊富でした。それも食べた事ないようなもの。奥は大根のかき揚げ。これは家でもやってみたい。塩でシンプルに。手前は定番ですがイカゲソ。


 

お料理がどれもこれも美味しくて、魅力的なメニューが多くて、あれもこれも食べていたら、お酒があまり飲めませんでした。っていうか、それくらい食べ過ぎました(笑)

 
 

食べ過ぎたはずなのに・・・

バッハ:シメはアイスじゃね?

と、帰りがけにコンビニに寄ってモナ王ゲット!

そう、飲みの後は、ハーゲンダッツより、さっぱりバニラのモナ王が合う!



大満足の一夜でした。

 - 居酒屋