近江屋のレトロケーキ3個で上機嫌

   

omiyaponchi1
近江屋洋菓子店のフルーツポンチをバッハ君が買って来てくれてから、
ずっと行きたいと思っていた近江屋神田店へバッハ君と行って参りました♪

美人の頂きもの★近江屋のフルーツポンチ
http://taberu.sakuradakozue.com/itadakimono_omiya/

omiyacake1
入り口からやたらレトロです。

omiyacake9

銀行の受付か、古いホテルのロビーという感じ。
スペースが余っていて、もったいない感もあり。無駄に広いというか。
もう少し客をさばけると思うんだけれど・・・と言うのもヤボなのかも。
この写真ではそうは見えないけれど、とにかく人が多かったです。お休みの2時過ぎで。

恐らく20分位待ったかなぁ、座れるまで。
待ってる間も、カウンターのようなところで、立ち食いは出来ますが、
大人しく待ち続けてみました。

omiyacake6
愛しのフルーツポンチもありました♪

omiyacake7

ショーケースの中のケーキも、内装も、陳列も、着飾っていません。
素朴に、普通に、ほいほい並んでいるだけです。
味で勝負よ!という気合いを感じるという感じでもまたなく、
昔から味に自信を持って黙々と作り続けていますけど何か。的な。

omiyacake4

ようやく順番が来て、ケーキを二つ選びました。
フルーツのショートケーキと、チーズケーキ。
イチゴのショートケーキはなくて、残念。

フルーツのショートケーキは、本当にシンプルな懐かしい味。
スポンジはフワフワでクリームも軽めで、即完食。
チーズケーキは、チーズ味のスポンジに、チーズクリームがサンドされてます。
こちら程よい甘さとチーズのコクを感じつつ、さくっと完食。

日本の良さ、なんだよね。
控えめで主張し過ぎない、でも実はこだわり抜いた素材の味。



ちなみに、ここの隠れ名物が「ドリンクバー」なのです。何がスゴイって、フルーツジュースが飲み放題な上に、
スープまで飲み放題なんですよ☆

omiyacake5

まずはケーキと一緒にドリンクバーのカップを購入すると、後はおかわりし放題です。
替えのコップも置いてあるし、スープは別に容器があるし。

omiyacake3

フルーツジュースはオープンキッチンで作っていました。
omiyacake2

ホット:コーヒー各種(マシンから出て来ます)・紅茶・ミルク・ココア
コールド:フルーツジュース数種とアイスティー・水



で、しっかりスープも、ケーキも2個、ジュースも2種類程頂いて、お腹もいっぱいだな・・・と思っていたところへ、
イチゴがドンと乗ったショートケーキが、厨房から調達されて来るではないですか!!!
しかし、サンドされているのは黄桃・・うーん。

バッハ君と慎重に会議を重ねて、やはり心残りは良くない、やり切ろう!と言う事で、もう一つ頂いて参りました♪

omiyacake8
生クリームといちごとスポンジケーキって、
どうしてこうも美味しいんでしょうね。
いちごは1個しか乗っていないけれど、これが食べたかったの。

次はいちごのホールケーキを買うぞっ!

■ 近江屋洋菓子店 神田店

・オフィシャルサイト
http://www.ohmiyayougashiten.co.jp/
愛は伝わりますが、情報サイトではないですね。。。

・著名人による近江屋洋菓子店とは何か
http://www.ohmiyayougashiten.co.jp/fan.html

・食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13000337/

・お手洗い情報
突き当り奥左店に1つあります。和式です。
新しいものではないですが、
広くてキレイでしたよ。

しかし、広いトイレって、なんとなく落ち着きませんよね(笑)

美人に見える度★☆☆☆☆
美人になれる度☆☆☆☆☆
セレブな気分度★★☆☆☆

お店にいらっしゃるご婦人方が、ちょっとご近所のセレブっぽい。
という意味で、ちょっとセレブ気分が味わえる気もするし、
分かる人は分かるよね、感覚を味わえたりするかもしれない。

お会計、いくらだったか忘れてしまいました・・・
ドリンクバーは、600円位だったような。。。

 - カフェ