「畳・ちゃぶ台・かき氷」三宅商店@倉敷美観地区

   

おばあちゃんの家に一週間滞在した帰り、倉敷に寄ってみました。
美観地区という古い建物・街並が保存されたエリア。
建物の新築は禁止されているようで、古い建物を活かした、風流なお店が並びます。

歴史ロマン薫る天領のまち(倉敷観光WEB)

その中にある「三宅商店」というお店で、かき氷を頂きました。

miyakeshoten1
靴を脱いで畳の上のちゃぶ台で頂く、まんまる大きなかき氷。
冷房は多分効いてなかった気がするけど、ちゃぶ台にウチワが置いてありました。
この雰囲気がいいです。旅先だし、なおさら、センチメンタルジャーニーな←言いたかっただけ。

miyakeshoten2
でも、かき氷って冷たい←当たり前・・・お腹痛くなりました(笑)

 

 - カフェ・レトロ