流れで「かんだやぶそば」〜藪蕎麦御三家〜

      2017/03/11

蕎麦好きなバッハ君と、とあるお蕎麦屋さんに出掛けたら改装中でお休み・・・ということで、徒歩圏内にあった有名店「かんだやぶそば」へテクテクと。

追記:とあるお蕎麦屋さんにリベンジしたレポ
室町砂場で蕎麦屋飲み★美味しくて落ち着きます

あまりお蕎麦に詳しくない櫻田でも聞いた事があるお蕎麦屋さん。更級、薮、砂場、が御三家だそうで、その藪蕎麦の御三家の一つ。

オープンは11:30だそうですが、入り切れなかったお客さんがすでに行列を作っていました、土曜日ですしね。


席に着くまで15〜20分くらいだったかな。前半は外で待っていたので寒過ぎてツラかったです。

ちなみに、12:50頃にお店を出たのですが、そのときは長蛇の列になってました。訪問時間は慎重に決めた方が良さそうです。


(YEBISU一択・ちなみに日本酒は菊正宗一択)

まずはおつまみ系でビールを。お蕎麦屋さん定番の、かまぼことのり、そして、季節ものの「柱わさび」を。


のりは定番ののり箱に入っていて、中には火種が入っている風流さ。いいねぇ〜こういうの好きです。


さらに、お蕎麦屋さん飲みと言えば、鴨。添えられたネギ焼きが圧倒的に美味しい。本日の最高点です。


鴨のあぶらを纏わせたコクと、しっかり火の通った肉厚でジューシーなネギは焦げ目が香ばしく、最高です。これ、家で作ってみよう・・・でも、鴨はないなぁ、鶏肉で。

ちなみにあなごも名物だそうです。



さて、瓶ビールを2人で1本飲んだところで、お待ちかねのお蕎麦に。

バッハ君はせいろう蕎麦(せいろではなくせいろ「う」)

櫻田はあったかいかき揚げ蕎麦。


つるっとしたのどごしでとても上品なお蕎麦。

そばつゆは香り高くそして濃く、そば湯で割って頂くとそこはかとない幸せに包まれます。

お目当てのお蕎麦屋さんがお休みだった時はちょっぴり残念でしたが、思いがけず美味しいお蕎麦とおつまみを頂けて良かった♪



だがしかし、お会計が結構なことになってちょいビビりました。柱わさびの「時価」が大きく貢献していたようです。


ちなみに、せいろうそばは、2,3枚くらい頼むと1人前の量かなと思います。上品です。



さて、どこに出掛けても美人・ファッションチェックは怠らない櫻田ですが、かんだやぶそばさんでは、女性の方々の高級ブランドバッグ率の高さが気になりました。

20万円以上系の方が多く、合わせて華やかな方のファッションチェックは楽しかったです。

なお、櫻田はZARAの5,000円くらいのバッグでした。
お蕎麦はせいろうを一枚程度にして、近所を食べ歩くのも良いのかもしれません。素晴らしい趣の建物の料理やさんが沢山あって、蕎麦食べて、お寿司食べて・・・なんていいわー。

こちらは甘味どころの竹むらさん。風情あるわ〜。


他にも何件もこのような建物を見かけたので、腹ごなしのお散歩も充実ですよ。

 - 和食