鹿児島のどこかの食堂で

   

福岡と鹿児島と旅行した中で、一番印象に残った食事は、どこの何と言う食堂か覚えていないけれど、おばあちゃんが作ってくれた、天ぷら蕎麦でした。

kagoshima3
お漬け物と、あとほんの少しご飯を添えて下さって、その心配りがおばあちゃんのようで、あったかくて。

急須で出て来るお茶も、懐かしい。

友人は親子丼。シンプルであったかい。

kagoshima4
親戚の家に遊びに来たような、そんな食堂。
働いている方や家族、そしてお客さん達が持ち込んだ様々な写真やカレンダー、ポスターや置物、一つ一つに思いや時間が込められているんだろうな。

kagoshima1
あぁ、こういう壁掛けの首振り扇風機、小さい頃、近所の中華料理屋さんにあったな〜とか。

kagoshima2
冷たい雨が降る中のドライブだったけれど、身も心もあたためてもらいました。

実はここにお気に入りのハンカチを忘れてしまって・・・きっともう一度来なさいね、ってことなんだろうと思って、自分のうっかりを正当化しました。

また行きたいな、鹿児島。

 - 和食