銀座和乃匠★丁寧に調理された旬の食材を美しい器と盛付けで味わう喜び!

      2017/05/11

今日は大切な方と銀座でお食事でした。

中央通の銀座資生堂ビルから、花椿通りを少し入って階段を上ると、こんな素敵な空間が出迎えてくれます。


この佇まい、期待が膨らみます。

 

すぐに用意して下さる、いくらと湯葉のワサビ和え。涼しげなガラス器が風流です。

そしてビールで乾杯!


半個室の空間は落ち着きます。

 

思わず歓声をあげてしまった、伊勢エビのお造り。鮮やかなブルーと、伊勢エビの赤と、透き通るような白い身、青紅葉・・・あぁ、美しい!

そして、ぷりっぷり☆


 

美味しいだし汁に浮かぶうに。つるっと。


 

春ですね〜。たらの芽。アクやえぐみを思うと、自宅では敬遠してしまう・・・存分に爽やかな春を味わいます。

そして、再びお皿とのコントラストが素敵・・・和食ですが、女子向けかもしれません。デートに連れていけば、彼女が喜ぶでしょう。


 

はいお刺身。


 

ゴージャスな出で立ちに再び歓声!

茶碗蒸しに伊勢エビのみそを入れて混ぜてお召し上がり下さいと。うーん、まろやかに絶品っ★


そして、その残りは後ほど・・・

 

若竹煮。こういうのがしみじみ美味しいお店って、いいですよね〜。


 

さらに、牡蠣!
ポン酢で、カボスで、レモンでって、牡蠣は2切れなので迷う・・・カボスとポン酢で頂きました。


美味しいのも素晴らしいのですが、何よりこの牡蠣の殻で構築された立体的な構造の美しさと、グリーンのあしらいの丁寧さ、さらに黄色い縁取りのコントラスト・・・目も胃も心も満たされます。

 

そして、再び春!


 

そして肉!

やわらかい〜美味しい〜やわらかい〜美味しい〜肉万歳!


 

ご飯、お漬け物、そして先ほどの伊勢エビがお味噌汁にドボン!


 

もう入りません〜・・・・いや、別腹。


最後の最後まで、美味しく、そして完璧に美しい。

素晴らしいお料理でした。

和食っていいな、日本人に生まれて良かったなと、大げさですが思いました。

 
 

ちなみに、お手洗いにも生花がこんもりと贅沢に飾ってありました。


ホテルでさえ、生花を止めることが多い中、とても贅沢だし、お店の方の心意気を感じました。

こういうところに手を抜かないお店は、お料理ももちろん手を抜いていない。コストダウンよりも、守りたい味とサービスとプライドがあるのだと思いました。

写真を・・・と言ったらポーズして下さいました♪ (実は一度タイミングを逃したのですが、二度目で)


 

気さくで楽しい板長さんに会いに、美しい美味しい旬の和食を頂きに、またお伺いしますね!

 - 和食